占いツクール
検索窓
今日:93 hit、昨日:215 hit、合計:3,432 hit

初めての戦闘〜その頃〜 有 ページ16

…今の状況を確認しようか。

なんか人いるなーと思いながらも路地裏を出た。

そしたら、ほくと?って人と、からすてい?って人がいた。

その、からしゅ…からすて……もう鴉さんで良いや

その鴉さんがなんか落ちてきたやつを謎の爆発で撃ち落とした。

と、ここまでは良い。…いや良くないけど無法地帯らしいしその位あるあるなんだろ。

んで、今。

…何か戦闘始まりそうになってるんだけど?え???

10年?二段?なにそれワタシワカンナイ

取り敢えず7歳くらいになって…

よし!身動きが取りやすい!

んで、なんかそこで私の事見て硬直してるほくと?さんも幼児化させて…

『…にげよう。』

「え、え?…ああ、そう、だな。」

未だ混乱しているようだがそんなのは関係ない。

命大事に、逃げるのが優先だ。

そこから地図を頼りに、なるべく路地裏を通ってやっと屋敷まで来れた。

私は別にこのままでいいので、北斗さんの体を元に戻す。

北斗さんに扉をノックして貰い、二人で家主を待った。

あまり時間がたたないうちに中から天使が出てきた。

いやまぁ、うん。もう慣れたわ。

「おー!新しい人か!僕はグランディ。宜しくね。…あ、天使族だよ!」

「俺は北斗だ。宜しく。」

『…有。』

「えーっと…北斗に有ちゃんだね!あ、部屋入んなよ!」

と、扉を開けられた先にはいかにもっぽい城みたいなところ。

凄いな…

ついでにここの説明をして貰い、自分の部屋を貰った。

早速自分用の部屋に入り、私は買った武器をタンスは綺麗にしまった。

その上で、この近辺には本屋があるらしいので行ってみることにした。

…私はかなりの方向音痴なので地図を持って。

ショルダーバッグにはナイフと銃が1つずつ入っている。

自己防衛は完璧だ。

たくさんの本を買う想定で沢山お金を持った。

『…さて。』

本を買いに行こう。

何だろうこれ?北斗→←初めての戦闘 真白 里桜



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.2/10 (6 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
10人がお気に入り
設定キーワード:作者が迷い込む町 , 募集企画 , オリジナル , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Mashiro Lio(プロフ) - 終わりました! (18分前) (レス) id: 6bdf3daa52 (このIDを非表示/違反報告)
Mashiro Lio(プロフ) - 更新します! (26分前) (レス) id: 6bdf3daa52 (このIDを非表示/違反報告)
澪 -rei-(プロフ) - 更新しました!無駄に長いです。すみません。 (8時間前) (レス) id: 72f8d10893 (このIDを非表示/違反報告)
澪 -rei-(プロフ) - 更新します! (9時間前) (レス) id: 72f8d10893 (このIDを非表示/違反報告)
名無しのチート(プロフ) - おわりました!! (6月15日 10時) (レス) id: 6216eeef7c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:グランディ x他8人 | 作者ホームページ:http  
作成日時:2019年6月1日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。