占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:77 hit、合計:15,942 hit

願い 23 ページ24

初めてAの心の内を聞くことが出来た。でも願いではなく、彼がずっと生きることを抗わなかった理由だ。彼は彼なりにずっと悩んでいた。

「……やっぱり、僕には無理だよ。もう体が持たないだろうし」

何度も涙を拭いながら小さく呟く。

「何を言うA!ここには俺がいるじゃないか!願いを叶える素晴らしい悪魔が!!」

少しでも元気になってほしくて、願いを聞きたくて、オルバは声を上げる。
Aはポカンと見上げると、クスッと笑う。

「そうだね」

今までのAなら「相変わらずうるさい」ぐらいまで言いそうだが違うみたいだ。ずっと心に留めていた思いを言葉にしたことで軽くなったのかもしれない。
いい傾向だ!これなら願いを言ってくれるかもしれない!

「よしきた!準備は出来てるぞ!さぁ願いを―――――」

体の中で力が湧き上がっていた。願いを叶えるための魔力が体内を駆け巡りすぐにでも具現化することができた。彼の願いは何だろう。「病気を治してほしい」だろうか。それとも欲張って「病気を治して、給料の良い会社に就職したい」だろうか。今なら特別だ。どっちも叶えてやろう。

「でも願わないよ」

「……え?」

駆け巡っていた熱が、一気に冷えた。大好きなものを目の前で潰されたような感覚。くれ騙しされたようで少し怒りが湧いた。

「何故だ!?今いい感じだっただろう!俺がいるんだぞ!何でも叶えられるぞ!病気を治したいだろう!」

Aは首を振った。

「悪魔の言ってることは正しいよ。自由になっていいって言われて嬉しかった。でもごめん。やっぱり母さんたちに会いたいや。だから僕に取り憑いてても無駄だよ。契約を解除して、他の人に取り憑いた方がいい」

それはAの優しさだった。この悪魔は自分が束縛していいものではない。自分に取り憑いている限り彼は願いを叶えられないし、つまらない日々を過ごしていく未来が見える。

悪魔からは返事がない。見上げると悪魔は驚いたようにAを見ていた。それから悪魔らしからぬ笑顔を浮かべる。

「いかない。どこにもいかないさ。ここにいると約束する」

Aは気付いていないだろう。今のAの瞳が不安そうに揺れていることに。話している声のトーンが落ちていることに。表情が、悲しみを必死に隠そうとしていることに。

「……せっかく離れるチャンスなのに」

「言ったじゃないか、Aの願いを聞くまで離れないって」

馬鹿、と言うAの表情は見たことがないほど柔らかかった。

願い 24→←願い 22



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.2/10 (59 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
64人がお気に入り
設定キーワード:悪魔 , 病弱 , BL , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

埋夜冬(プロフ) - こばねさん» ありがとうございます!予想しながら読んでいただけましたか!そして予想外でした!?計画通りです!最後までお読み下さりありがとうございました! (3月25日 9時) (レス) id: f9a8d8c7d5 (このIDを非表示/違反報告)
こばね - めちゃくちゃに感動しました… 予想しながら読んだら全部ハズレ、まぁ予想外の展開がとても面白い作品なのですが(笑) (3月25日 5時) (レス) id: a8fdbc597a (このIDを非表示/違反報告)
埋夜冬(プロフ) - あいかさん» ありがとうございます!このお話は泣かせたかったので、泣いてくださったなら計画通りです!お読み下さりありがとうございました! (3月22日 1時) (レス) id: f9a8d8c7d5 (このIDを非表示/違反報告)
あいか - 感動した、、めっちゃ泣きました( ;∀;)とても素晴らしいお話です!!! (3月22日 0時) (レス) id: 0e77bf2105 (このIDを非表示/違反報告)
埋夜冬(プロフ) - アリアさん» ありがとうございます!いつもコメント下さってとても励みになっています。合作も頑張ります!今後もよろしくお願いします! (3月5日 14時) (レス) id: f9a8d8c7d5 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:埋夜冬 | 作成日時:2019年12月7日 8時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。