占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:181 hit、合計:16,407 hit

願い 2 ページ3

……ん?
悪魔は自分の耳を疑った。今まで「ない」と言われたことがなかったからだ。
お金がほしい。完璧な人間になりたい。綺麗な恋人がほしい。今まで聞いてきた願いはテンプレートなものばかりだ。きっとこいつもそんなことを願って、自分はそれを叶えて、また誰かの願いを叶えることになる。そう思っていたのに。

「ないのか、願いだぞ!?別に難しいことじゃないだろう?お金がほしいとかでもいいんだ。この世界ではそれが全てだって聞いた」

「うん、まあ確かにお金は大事だけど……。もう僕にはそんなに必要ないし」

あるに越したことはないが、この体がそんなに長く持たないのも分かっている。あるだけどうせ使い道も無いわけだし、願いと言われると違うのだ。

「恋人とか」

「要らない」

「どこかの国の王になりたいとか」

「嫌だよ、面倒くさそう」

「じゃあ好みに合わせた妹」

「……それ貴方の性癖?」

うわぁ……とAが引くと「断じて違ぁぁう!」と叫ばれた。うるさい。

「とにかくな、お前に願いがないわけないんだ。だってここに俺が現れたんだぞ!願いを叶える悪魔が!つまり余程願いが強いんだ!さあほら、隠してないで言えばいいじゃないか。ここにはお前と俺しかいないんだ。対価も要らんぞ。俺が欲しているのはその欲望だからな」

よく喋る悪魔だ。聞いてないのにペラペラと話していいのだろうか。こういうのは後々だしていくものなのでは?

「だから願いは無いんだって。貴方が現れた先が間違いなんだよ」

話は終わり、とAは立ち上がった。朝ご飯の準備をしなければ。今日は何を食べようか。

「いいや嘘だね!人間誰だって願いはある!願いがない無欲な人間などいるわけがない!だから俺がお前の願いを当ててやるよ!」

キラキラとした満面の笑みで言い放った悪魔に対し、Aは思い切り眉をひそめた。うざい気持ちを込めて悪魔を睨む。

「しばらくはここでお前と一緒だ。人間、お前の名前を聞いておこう」

「……一緒にはいないし、名前を教える気もないから。出てって他の人の願いでも聞いてあげなよ」

「ほう、木崎Aと言うのか」

悪魔は寝室の小さな机に置きっぱなしにしてあった、病院の診断結果が入っている封筒を覗いていた。
何なんだこの悪魔。勝手に家に来て、話を全く聞かなくて。まるで言葉を覚えたばかりの子供と話しているようだ。

「……はぁ、もういいや。勝手にして」

いないものとして、いつも通り生活しよう。

願い 3→←願い 1



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.2/10 (60 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
63人がお気に入り
設定キーワード:悪魔 , 病弱 , BL , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

埋夜冬(プロフ) - 希羽(  ̄▽ ̄)さん» うわぁぁぁありがとうございます!!嬉しいです!お読み下さりありがとうございました! (4月1日 14時) (レス) id: f9a8d8c7d5 (このIDを非表示/違反報告)
希羽(  ̄▽ ̄) - めっちゃ良かったです…! (4月1日 14時) (レス) id: a63dca5f86 (このIDを非表示/違反報告)
埋夜冬(プロフ) - こばねさん» ありがとうございます!予想しながら読んでいただけましたか!そして予想外でした!?計画通りです!最後までお読み下さりありがとうございました! (3月25日 9時) (レス) id: f9a8d8c7d5 (このIDを非表示/違反報告)
こばね - めちゃくちゃに感動しました… 予想しながら読んだら全部ハズレ、まぁ予想外の展開がとても面白い作品なのですが(笑) (3月25日 5時) (レス) id: a8fdbc597a (このIDを非表示/違反報告)
埋夜冬(プロフ) - あいかさん» ありがとうございます!このお話は泣かせたかったので、泣いてくださったなら計画通りです!お読み下さりありがとうございました! (3月22日 1時) (レス) id: f9a8d8c7d5 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:埋夜冬 | 作成日時:2019年12月7日 8時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。