占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:91 hit、合計:16,497 hit

願い 13 ページ14

ルシファーのことをオルバはよく知っている。あんな恐ろしい人はいない。オルバの立場では本来名前を口にするのも憚れる存在だ。

「あのお方は自分では動かない。もっと周りをうまく使って、圧倒的な頭脳と力を見せつける」

悪魔は生まれたとき一度ルシファーと謁見する。彼の存在感も突き刺す視線も圧倒的な権力も、会った瞬間に分かってしまう。そして彼は謁見のとき全く動かなかった。その頭脳で先を読み命令し、力で操る。すべてが完璧だった。

「人間なんかに構っている暇はあのお方にはないさ。Aも会ったら分かる。すぐに分かるぞ、逆らっちゃ駄目なタイプだって」

いつもおちゃらけているオルバがブルッと身震いする。顔がひきつっているのが分かり、本当に駄目なんだなと察した。

「あのお方は取り憑かない。はぁ、一気に興が削がれたな。周囲を散歩でもしてくるか」

もう一度溜め息をついたオルバは言うが早いがどこかへ消える。絶対的な権力に逆らえないのも、コロコロと変わる表情も、あの悪魔は誰よりも人間らしいと思う。

自分はそんな心無くしてしまった。そもそも相手がいない時点で心は廃れていくのだ。いっそ悪魔にでもなれば、この気持ちも少し変わるのかもしれないな、なんて。

「馬鹿らしい」

ルシファーと呼ばれたあの美人な女性はエクソシストに負けた。消し去ることは出来なかったが、女性から離れ家の者に取り憑かないよう結界を張られたらしい。どういうことかさっぱりなことを言っているがそれで映画は終わった。
映画の感想は、自分も悪魔が寄り付かなくなる結界できないかな、である。悪魔を強制的にルシファーのところに返す術でもいい。

「おーいA!」

あの時チケットを買ったところでオルバが呼ぶ。ふよふよと寄ってきて隣を歩く。

「気晴らしだ、カラオケ行こうぜ!この下の階に安い店があるんだ」

返事の代わりに悪魔を睨む。本当に、本当に行きたくないが仕方ない。これも2日間の我が家安定のためだ。溜め息をついて呟く。

「……行くか」

「おっ!そうこなくっちゃな!こっちだ!」

映画にルシファーが出てきたことで少し不機嫌だったオルバは、今のでご機嫌になったらしい。ニッコリ笑って先にふわふわ飛ぶ。

歌える曲は少ないのでオルバが楽しめるか不安だがいいのだろうか?オルバ曰く親しい者同士が行くのだから行ければいいとのことだ。

本当に、人間みたいな悪魔だな。

願い 14→←願い 12



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.2/10 (60 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
63人がお気に入り
設定キーワード:悪魔 , 病弱 , BL , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

埋夜冬(プロフ) - 希羽(  ̄▽ ̄)さん» うわぁぁぁありがとうございます!!嬉しいです!お読み下さりありがとうございました! (4月1日 14時) (レス) id: f9a8d8c7d5 (このIDを非表示/違反報告)
希羽(  ̄▽ ̄) - めっちゃ良かったです…! (4月1日 14時) (レス) id: a63dca5f86 (このIDを非表示/違反報告)
埋夜冬(プロフ) - こばねさん» ありがとうございます!予想しながら読んでいただけましたか!そして予想外でした!?計画通りです!最後までお読み下さりありがとうございました! (3月25日 9時) (レス) id: f9a8d8c7d5 (このIDを非表示/違反報告)
こばね - めちゃくちゃに感動しました… 予想しながら読んだら全部ハズレ、まぁ予想外の展開がとても面白い作品なのですが(笑) (3月25日 5時) (レス) id: a8fdbc597a (このIDを非表示/違反報告)
埋夜冬(プロフ) - あいかさん» ありがとうございます!このお話は泣かせたかったので、泣いてくださったなら計画通りです!お読み下さりありがとうございました! (3月22日 1時) (レス) id: f9a8d8c7d5 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:埋夜冬 | 作成日時:2019年12月7日 8時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。