占いツクール
検索窓
今日:488 hit、昨日:1,078 hit、合計:236,455 hit

3 ページ5

.








スタジオ内を歩いていると梅原さんを見かけてサッと壁に隠れた



はあ…やっぱりかっこいいな…



結局この前は緊張で全然話せなかったし顔も見れなかった
梅原さん私の事感じ悪い奴とか思ったかな…








西山「また見てる」


貴方「ひぃぃ…っ」







後ろからボソッと聞こえた声に驚いて振り返ると宏ちゃんが私を呆れた顔で私をジトーっと見ていて








西山「やっと好きな人に会えたのになんで話しかけないの?」


貴方「い、いいの!見てるだけでいいの。私なんて…」


西山「はあ〜…そのうち梅ちゃんにだって彼女ができるかもよ?そうなったらどうするの?」


貴方「…そうなった時はそうなった時だもん。」








両手の人差し指をツンツン合わせてうじうじしている私を見て宏ちゃんが更に深いため息をついた









.









仕事が終わり帰ろうとした時何やら大きな声が聞こえて気になって顔を覗かせるとスタッフさんらしき女性と梅原さんがいた




う、梅原さんだ…!!うそー!今日2回も会っちゃった!ラッキー♪









梅原「はぁ…あんたもしつこいな…」


女性「だって…ずっと好きだったんです!」








………え
も、もしかしてこれって告白現場ってやつなんじゃ…









梅原「俺彼女いるんで」


女性「嘘!前に告白した時はそんな事言ってなかった!」


梅原「最近出来たんだよ」







ドクンッ
『彼女』その言葉に胸がギュッと締め付けられた
梅原さん…彼女できたんだ。
はは。宏ちゃんの言う通りになっちゃった…








女性「絶対嘘!どうせ告白断るの面倒くさいだけでしょう!?」







もう帰ろ…
何も出来ないまま終わってしまった恋に悲しくなりその場を立ち去ろうとすると急に腕を掴まれて引っ張られた









梅原「こいつが俺の彼女」















は?









.

4→←2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (154 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
637人がお気に入り
設定キーワード:男性声優 , 梅原裕一郎
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

はっとり(プロフ) - サチさん» 本当ありがとうございます<(_ _)> (1月17日 9時) (レス) id: 9acfa2932f (このIDを非表示/違反報告)
サチ - 他の方からもご報告があったのですね。消して頂いて大丈夫です!すみません(汗)ちゃんとした登録をしていない為、こちらにしかコメントが書けなくて…お願い致します。 (1月17日 7時) (レス) id: 379e7fdd5e (このIDを非表示/違反報告)
はっとり(プロフ) - サチさん» サチ様教えて頂きありがとうございます。実は他の方からもご報告受けて確認しました(汗)前回と同じ方ですね…。作品内で注意喚起をしようと思うのですが名前を伏せたいのでサチ様のコメントを消させて頂いてもよろしいでしょうか?わざわざ教えて頂いたのにすみません。 (1月17日 0時) (レス) id: 9acfa2932f (このIDを非表示/違反報告)
サチ - すみません。私の心臓が持ちません笑キュンキュンし過ぎて… (1月16日 22時) (レス) id: 379e7fdd5e (このIDを非表示/違反報告)
はっとり(プロフ) - アルさん» アル様、コメントありがとうございます。そう言って貰えて嬉しいてます!これからもよろしくお願い致します。 (1月16日 12時) (レス) id: 9acfa2932f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:はっとり | 作成日時:2021年1月9日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。