占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:3 hit、合計:32,127 hit

十二滴 ページ13

『って、なんで任務に着いてくるんですか!?師範!!』

実「御館様に言われただろ!!監視しろって!!」

『私、仕事まで監視されるの嫌ですよっ!!』

と騒ぎながら場所へと向かう。師範の前で戦うなんて、やりづらい…

村「助けてください!!妹がっ!!化け物に!!」

もう被害者が出ている。急がねば

『大丈夫です。貴方は、安全なところへ!妹さんは、必ず助けます!』

実「この奥から気配がするなァ。行くぞ!」

『はい!』

師範について行き、気配のあるところまで行く。私でも気配が分かるぐらいに近づいた時、

妹「誰かぁぁあ!!助けっ…!!」

『師範!向こうの方から!』

実「分かってる!チッ…!後ろにもいる、藤花お前は、叫び声の方にいけ!後で落ち合うぞ!」

『御意』

私は、師範と別行動になり、より神経を集中させた。間に合え!!

妹さんらしき人は、浅く息をしていた。隣に鬼が2匹。これが私の初任務だ、全身全霊を尽くせ。

鬼「ははは、わざわざ食料がこちらに来るとは、有難いことだ」

『煩い。黙れ…その子を離しなさい。』

鬼「この娘か?品もないし、栄養も少なそうだ…生きる価値もないようだな。ははは」

ブチッ

私の何かが切れた。昔父が私にしてきたことと重なって。

『てめぇが人様の価値を決めるんじゃねぇ』

生きる価値のない人間なんて誰もいない。

十三滴→←十一滴



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.4/10 (39 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
159人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 不死川実弥   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

柚木夏紗 - 二十二滴の話が非表示になってますよ!!話が飛んでしまいます!! (3月9日 5時) (レス) id: 73f9f96d98 (このIDを非表示/違反報告)
ショコ(プロフ) - すみません、二十二滴の話が非表示になってますよ (3月8日 19時) (レス) id: 46d689b6ff (このIDを非表示/違反報告)
きらー(プロフ) - 蒼さん» 勉強不足でごめんなさい!ご指摘ありがとうございます! (2月11日 9時) (レス) id: 076b2bbeaf (このIDを非表示/違反報告)
- 全集中の呼吸を誤解されているようです; 刀から実際に水が出ているのではなくて、技の動きなどからまるで水のように見せているだけなのです! (2月10日 22時) (レス) id: 26deb3f74c (このIDを非表示/違反報告)
きらー(プロフ) - 夢世_yumese_さん» ありがとうございます! (2月10日 20時) (レス) id: 076b2bbeaf (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:きらー | 作成日時:2020年2月9日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。