検索窓
今日:2 hit、昨日:42 hit、合計:19,287 hit

189.上弦の強さ ページ39

 


 乗客の生存確認を終えると、

 横転した車体から少し離れた所で横になる

 竈門少年を見つけた。怪我を負ったようだ。



「全集中の常中ができるようだな!感心感心!」


「煉獄さん」


「常中は柱への第一歩だからな。

 柱までは1万歩あるかもしれないがな!」


「頑張ります。」


「腹部から出血している。

 もっと集中して呼吸の精度を上げるんだ。

 身体の隅々まで神経を行き渡らせろ。

 血管がある。破れた血管だ。」


 俺は竈門少年に止血の方法を教えると、

 彼に無限列車の乗客は怪我人が多数だが、

 皆、命に別状はなく、無事であることを伝えた。



 その時だった。


 凄まじい衝撃音と共に、

 今までの鬼とは比べ物にならない気配の鬼が現れた。




 瞳には"上弦の参"の文字が刻まれている。



 鬼は負傷している竈門少年を攻撃しようとしてきたので、

 俺はすかさず技を繰り出した。



 


「なぜ手負いの者から狙うのか理解できない。」

「話の邪魔になるかと思った。俺とお前の。」

「俺と君が何の話をする?

 初対面だが、俺は既に君のことが嫌いだ。」

「そうか。俺も弱い人間が大嫌いだ。
 
 弱者を見ると虫酸が走る。」


「俺と君とでは物事の価値基準が違うようだ。」


「では、素晴らしい提案をしよう。

 お前も鬼にならないか?」


「ならない。」


「見れば分かる。お前の強さ。柱だな?

 その闘気練り上げられている。至高の領域に近い。」


「俺は炎柱 煉獄杏寿郎だ。」

「俺は猗窩座。杏寿郎、なぜお前が

 至高の領域に踏み入れないのか教えてやろう。

 人間だからだ。老いるからだ。死ぬからだ。

 鬼になろう杏寿郎。

 そうすれば、100年でも200年でも鍛錬し続けられる。

 強くなれる。」


 脳裏に浮かぶのは亡くなった母の強い眼差し。

 Aの優しい笑顔…


「老いることも、死ぬことも、

 人間という儚い生き物の美しさだ。

 老いるからこそ、死ぬからこそ、

 堪らなく愛おしく尊いのだ。」


「私…は…鬼殺隊…

 鬼である…自分が…ゆる…せない…」

 



「俺は如何なる理由があろうとも鬼にならない!」


「そうか。

 術式展開 破壊殺・羅針

 鬼にならないなら殺す。」


 その瞬間から猗窩座との死闘が始まった。

 奴の攻撃、再生の速さは今まで戦ってきた鬼の中でも

 群を抜いていた。



 これが…上弦の強さ。

190.散りゆく花→←188.横転する列車



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (77 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
115人がお気に入り
設定タグ:煉獄杏寿郎 , 鬼滅の刃 , 夢小説   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

狐姫(プロフ) - misakimiさん» 最後までお付き合いいただき、感謝申し上げます。主人公に感情移入し、物語に入ってもらってこそ、この小説の醍醐味と思い作っていたので、大変光栄です!あたたかいコメントにいつも励まされておりました。ありがとうございました! (7月16日 7時) (レス) id: 12299479a5 (このIDを非表示/違反報告)
misakimi(プロフ) - 読了が遅くなりました。お疲れ様でした。長らく愉しませて頂きました。現し世でなくても、ハッピーエンドとは!こういう纏め方もあるのかと感心です。彼女の気持ちに入り込んでいたため、逢いたいけど早いよと涙しました。 (7月15日 16時) (レス) @page50 id: cb1d4026ae (このIDを非表示/違反報告)
狐姫(プロフ) - 美桜さん» ありがとうございます!起承転結の「転」は恐らく読者様の予想を超えるものになってしまったかもしれません。しかし、美桜さんのように嬉しいお言葉をいただけると、作者として本当に幸せです♡最後まで読んでくださり、ありがとうございました! (7月10日 15時) (レス) id: 12299479a5 (このIDを非表示/違反報告)
美桜 - 完結おめでとうございます。途中思わぬ展開に驚きましたが、最後は悲しさもあるけれど、なんだか暖かな気持ちになりました。あとがきの狐姫様の言葉に色々と考えるきっかけになりました。次の作品も楽しみにしています。素敵な作品をありがとうございました♡ (7月8日 21時) (レス) @page50 id: 4bde5e03bb (このIDを非表示/違反報告)
狐姫(プロフ) - エリスさん» エリスさん!感動したと言っていただき、大変光栄です♡完結まで書けたのも、エリスさんをはじめ、応援してくださる読者様のお陰です!感謝申し上げます!番外編、新作等でもまたお会いできると嬉しいです(*˙˘˙*) (7月8日 19時) (レス) id: 12299479a5 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:狐姫 | 作者ホームページ:https://mobile.twitter.com/kohime_yume  
作成日時:2022年6月12日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。