検索窓
今日:45 hit、昨日:13 hit、合計:20,603 hit

178.世を照らす明るい炎 ページ28

「父上?どうされました?」


 ハッと我に帰ったような父は、

 口をつぐんで眉を顰めた。


「これから任務へ向かいます!

 無限列車では40名以上の者が行方不明になったようです。

 上弦の鬼かもしれません。

 俺も父のように立派に責務を果たしてみせます!」


 風に自分とよく似た父の髪が優しく揺れている。


「勝手にしろ。」


「行って参ります!父上!」





 生家を出てしばらく歩くと、

 日が暮れて町はあたたかい橙色に染まった。


 先日、手紙に書かれていた

 ある人にお願いしていた物を受け取りに向かうと、
 
 その後一度自分の屋敷へと戻った。


 胸ポケットから和咲にもらった桔梗の花を

 本に挟んで押し花にすると、

 俺は身支度を整えて再び家を出た。




 漆黒の闇の中へ己を投じ、世を照らす明るい炎となれ。

 熱き心を持して、多くの人を救え。




「カアア!人ガ鬼ニ襲ワレタ!

 直チニ西ニ向カエ!!」


「承知した!要、医療班にもすぐに伝えてくれ!」


「カアア!!」



 噂の切り裂き魔の仕業か?

 どちらにせよ、すぐに向かおう!


 鬼の気配がする方へと駆けつけると、

 道に一人の女性が仰向けで横たわっていた。


 鬼は逃げた後のようだ。


 女性の身体にはいくつもの切り傷が刻まれている。

 大丈夫だ。呼吸をしている。命には問題ないだろう。


 隠の者に彼女の手当てを任せると、俺は鬼の気配を辿った。
 

 どうやらこの辺りにはもういない様子。

 なるほど。足の速い鬼のようだ。



 恐らく今回の鬼が巷で噂になっている

 切り裂き魔というものだろう。

 今回の被害者の様子を見ると、

 捕食のためではなかったようだ。


 自分を満たすためか?

 人を切り刻んで恐怖に陥れる、最低な鬼だ。



 その晩、被害のあった周辺の警備をしたが、

 切り裂き魔は現れなかった。



 もうすぐ夜が明ける。

 ひとまず今回は一度撤収し、明日は聞き込みに当たろう。









ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 読者の皆様へ

 小説の冒頭でもお伝えしておりますが、

 今一度改めて表記いたします。

 設定等、基本原作沿いですが、一部作者の想像の部分も

 ありますのでご含みおきください。

 二人の愛の行く末を共に見届けていただけたら幸いです。

 どんな結末を迎えるのか、お見逃しなく…!

179.しゃぼん玉→←177.微笑む桔梗



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (81 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
119人がお気に入り
設定タグ:煉獄杏寿郎 , 鬼滅の刃 , 夢小説   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

狐姫(プロフ) - 小鈴さん» 感想ありがとうございます!最後までお読みいただき光栄です。物語は読んでもらってこそ生きるものだと私は思うので、この作品を見つけてくださり、そして読んでくださったこと、本当にありがとうございます! (11月15日 18時) (レス) id: 12299479a5 (このIDを非表示/違反報告)
小鈴(プロフ) - 素敵なお話をありがとうございました。途中からずっと、涙なしでは見られませんでした。この作品の主人公と煉獄さんに出会えて本当に良かったです! (11月14日 22時) (レス) @page50 id: 97399e389e (このIDを非表示/違反報告)
狐姫(プロフ) - misakimiさん» 最後までお付き合いいただき、感謝申し上げます。主人公に感情移入し、物語に入ってもらってこそ、この小説の醍醐味と思い作っていたので、大変光栄です!あたたかいコメントにいつも励まされておりました。ありがとうございました! (7月16日 7時) (レス) id: 12299479a5 (このIDを非表示/違反報告)
misakimi(プロフ) - 読了が遅くなりました。お疲れ様でした。長らく愉しませて頂きました。現し世でなくても、ハッピーエンドとは!こういう纏め方もあるのかと感心です。彼女の気持ちに入り込んでいたため、逢いたいけど早いよと涙しました。 (7月15日 16時) (レス) @page50 id: cb1d4026ae (このIDを非表示/違反報告)
狐姫(プロフ) - 美桜さん» ありがとうございます!起承転結の「転」は恐らく読者様の予想を超えるものになってしまったかもしれません。しかし、美桜さんのように嬉しいお言葉をいただけると、作者として本当に幸せです♡最後まで読んでくださり、ありがとうございました! (7月10日 15時) (レス) id: 12299479a5 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:狐姫 | 作者ホームページ:https://mobile.twitter.com/kohime_yume  
作成日時:2022年6月12日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。