検索窓
今日:12 hit、昨日:6 hit、合計:20,470 hit

172.一触即発 ページ22

「鬼は俺の妹なんです。

 俺が家を留守にしている時に襲われ、

 帰ったらみんな死んでいて…

 妹は鬼になったけど、人を喰ったことはないんです。

 今までも、これからも…

 人を傷つけることは絶対にしません!」


 鬼になっても人を襲っていないだと…?

 そんなことがあり得るのか?


「くだらない妄言を吐き散らすな。

 そもそも身内なら庇って当たり前。

 言うこと全て信用できない。俺は信用しない。」


 少年の話によると、

 鬼になった妹を治すために剣士になったという。

 妹が鬼になったのは2年以上前のことで、その間、

 妹は人を襲うことはなかったとか。



 しかし、これから先も人を襲わない可能性というのは

 ゼロではないだろう。


「あのう…でも疑問があるんですけど…

 お館様がこのことを把握していないとは思えないです。」


「ふむ…」

「勝手に処分しちゃっていいんでしょうか?」

 甘露寺の言う通り、それもそうだ。


「おいおい。なんだか面白いことになってるなァ。

 鬼を連れてた馬鹿隊員ってのはそいつかィ?

 一体全体どういうつもりだァ?」



 不思議な箱を片手にやってきた風柱の不死川実弥は、

 鬼となった少年の妹が入っていると思われる

 その箱に、日輪刀を突き刺した。


 必死に抵抗をする少年は、

 不死川に頭突きを食らわせて言葉をぶつけた。


「善良な鬼と悪い鬼の区別もつかないなら、

 柱なんてやめてしまえ!」


「てめェェ…ぶっ殺してやる!!」


 一触即発な雰囲気の中、ついにお館様が姿を現した。


「お館様のお成りです。」


「よく来たね。私の可愛い剣士(こども)たち。」


「お館様におかれましてもご壮建で何よりです。

 ますますのご多幸を切にお祈り申し上げます。」


「ありがとう、実弥。」


「畏れながら、柱合会議の前に

 この竈門炭治郎なる、鬼を連れた隊士について

 ご説明いただきたく存じますが、よろしいでしょうか?」


「そうだね。驚かせてしまってすまなかった。

 炭治郎と禰󠄀豆子のことは私が容認していた。

 そしてみんなにも認めてほしいと思っている。」


 お館様が容認しているだと…!?

 なぜだ?俺たちは人々を鬼から救うため、

 明るい未来を信じて戦っているのに!?


 柱の面々はほとんどが反対の意を述べた。


 すると、お館様は元柱である"鱗滝左近次"なる人からの

 手紙の内容を俺たちに伝えた。

173.信じられない光景→←171.否定したい心



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (80 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
119人がお気に入り
設定タグ:煉獄杏寿郎 , 鬼滅の刃 , 夢小説   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

狐姫(プロフ) - 小鈴さん» 感想ありがとうございます!最後までお読みいただき光栄です。物語は読んでもらってこそ生きるものだと私は思うので、この作品を見つけてくださり、そして読んでくださったこと、本当にありがとうございます! (11月15日 18時) (レス) id: 12299479a5 (このIDを非表示/違反報告)
小鈴(プロフ) - 素敵なお話をありがとうございました。途中からずっと、涙なしでは見られませんでした。この作品の主人公と煉獄さんに出会えて本当に良かったです! (11月14日 22時) (レス) @page50 id: 97399e389e (このIDを非表示/違反報告)
狐姫(プロフ) - misakimiさん» 最後までお付き合いいただき、感謝申し上げます。主人公に感情移入し、物語に入ってもらってこそ、この小説の醍醐味と思い作っていたので、大変光栄です!あたたかいコメントにいつも励まされておりました。ありがとうございました! (7月16日 7時) (レス) id: 12299479a5 (このIDを非表示/違反報告)
misakimi(プロフ) - 読了が遅くなりました。お疲れ様でした。長らく愉しませて頂きました。現し世でなくても、ハッピーエンドとは!こういう纏め方もあるのかと感心です。彼女の気持ちに入り込んでいたため、逢いたいけど早いよと涙しました。 (7月15日 16時) (レス) @page50 id: cb1d4026ae (このIDを非表示/違反報告)
狐姫(プロフ) - 美桜さん» ありがとうございます!起承転結の「転」は恐らく読者様の予想を超えるものになってしまったかもしれません。しかし、美桜さんのように嬉しいお言葉をいただけると、作者として本当に幸せです♡最後まで読んでくださり、ありがとうございました! (7月10日 15時) (レス) id: 12299479a5 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:狐姫 | 作者ホームページ:https://mobile.twitter.com/kohime_yume  
作成日時:2022年6月12日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。