占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:1 hit、合計:160,492 hit

25 ページ25

「……部屋まで送っていく」



「……」







俺が立ち上がると、布団の塊もむくっと立ち上がる。






無言で障子を開けると、いつもより遅いペースで、部屋に向かって歩いた








__________


原田side









俺たちは、その女に驚かさせられる事が多かった


初めは無言だし、片言だし、顔は見せねぇし

硬いやつなのかと思っていたが






「………眠いから寝る…」



「おう」








ほとんどは部屋にこもったきりで外には滅多に出てこなかった


こんな男だらけのむさ苦しい所で、女1人無造作においておくわけには行かない。
と言う意見が多々出たので、一応部屋に見張りを。


土方さんがこうじゃ、やはり皆の意見もいつもと違うと言うか



だからこの見張りは、その女を守るって言う風に作られた当番だった




顔はまともに見ていない
部屋から出てこねぇし


飯は?と聞いても
食べなくてもいい。と言う答えが帰ってくるばかりだった









その女の声は、俺が話しかけてしか帰ってこないんだが…









何故か眠い時だけお知らせつき





何故…だ、ろう





しかも寝ている事が多く、

夜行性かと思いきや、そう言う事でもないらしい









なんか、こいつ、抜けてる所がある気がするんだよな


例えばこんな会話を思い出す


______

___

「飯は?」

「…いらない」

「いや、少しは食べろよ、元気でねぇぞ?」

「…外出るつもりはないから良い」


「なんで出ねぇんだよ、引きこもってちゃそれこそおかしくなるぞ」



「……おかしくなる…?

……じゃあ出る」



そう言った瞬間に障子が勢いよく開けられ、


俺の頭を直撃した



「がっ」


「……あ」


___
_____


まぁ、なんか抜けてる気がするんだよ俺は。


根は良いやつなのかも…と言うか天然?






障子越しに化け物と言われた女がいる、


もう何日も一緒(?)にいると、


そんな物騒なこともうなんにも思わなくなった

26→←24



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (135 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
212人がお気に入り
設定キーワード:ドラごん , 薄桜鬼
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ドラごん(プロフ) - 黒月桜さん» あ、第二章続きますよ^_^ (2014年7月23日 22時) (レス) id: ee7dfc4505 (このIDを非表示/違反報告)
黒月桜(プロフ) - か....完結!? (2014年7月23日 20時) (レス) id: 18c213da58 (このIDを非表示/違反報告)
斎藤ようこちゃん(プロフ) - わーい凄く楽しみです。 (2014年7月19日 15時) (レス) id: eede5b9ca7 (このIDを非表示/違反報告)
ドラごん(プロフ) - 斎藤ようこちゃんさん» 今頑張って書いていますので少々お待ちを!Σd(゚∀゚。) (2014年7月19日 15時) (レス) id: ee7dfc4505 (このIDを非表示/違反報告)
斎藤ようこちゃん(プロフ) - わーい。第二章読みたいです。 (2014年7月19日 15時) (レス) id: eede5b9ca7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ドラごん | 作成日時:2013年8月21日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。