占いツクール
検索窓
今日:16 hit、昨日:1 hit、合計:160,387 hit

03 ページ3






「なぁ、斎藤。

最近、京の都じゃあ化け物が出るらしいぜ」


赤髪で腹にサラシを巻いた男が
酒を飲みながら告げる


「あっ、左之さん!それ俺も知ってる!」


隣にいた小柄な少年が声をあげた



「…俺は生憎、化け物などには興味はないものでな」


斎藤と呼ばれた男は目を伏せながら酒を飲んでいる



「…噂によると、満月の日にそいつが炎を操るとか…」


「マジかよ、怖えーな」






「…ねぇ皆、その話はよそう」



思い詰めたような顔をしながら男は言う


「なんでだよ総司ー。
…もしかして化け物が怖いのかぁ?」


ムスッと表情を変えたかと思えば、
これまたニヤニヤした面になる小柄な少年




「平助…僕が化け物怖いとでも思う?」


「あ、思わないですねすいません」←








「だがしかし、その話は本当っぽいぜ」


奥で1人に月を眺めながらポツリと一言漏らした男



その声に全員がそちらを向く




「話によりゃあ、満月の日に決まって火事が起こるらしいじゃねぇか。
それに、化け物を見たというやつも少なかねぇ」


「なんだよ土方さん、興味深々かぁ?」

ハハッと赤髪が笑う



「違う。ただ…京の都で起こってる事なら
俺たち新選組も放ってはおけねぇだろ」


「…なんだよ、土方さんらしいな」

つまらなそうに少年は頬を膨らませる





「……」


先ほど総司と呼ばれた男は、
席を立ち自室へと戻っていった

04→←02



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (135 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
212人がお気に入り
設定キーワード:ドラごん , 薄桜鬼
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ドラごん(プロフ) - 黒月桜さん» あ、第二章続きますよ^_^ (2014年7月23日 22時) (レス) id: ee7dfc4505 (このIDを非表示/違反報告)
黒月桜(プロフ) - か....完結!? (2014年7月23日 20時) (レス) id: 18c213da58 (このIDを非表示/違反報告)
斎藤ようこちゃん(プロフ) - わーい凄く楽しみです。 (2014年7月19日 15時) (レス) id: eede5b9ca7 (このIDを非表示/違反報告)
ドラごん(プロフ) - 斎藤ようこちゃんさん» 今頑張って書いていますので少々お待ちを!Σd(゚∀゚。) (2014年7月19日 15時) (レス) id: ee7dfc4505 (このIDを非表示/違反報告)
斎藤ようこちゃん(プロフ) - わーい。第二章読みたいです。 (2014年7月19日 15時) (レス) id: eede5b9ca7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ドラごん | 作成日時:2013年8月21日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。