占いツクール
検索窓
今日:6 hit、昨日:213 hit、合計:91,056 hit

十六話 ページ16





『曲、覚えたので一緒に歌って貰えますか?』


「え、もう覚えたの?」



朝、朝食を食べ終わった後に、Aちゃんに声を掛けられる。

思っていたよりも早い。そういえば、あの後ずっと聴いてたなあ…



「いいよ。俺は…ギターを弾くだけでも、いいかな?」


『あ、はい。お願いします!』



マイクを手渡して、録音の準備をする。

絵をお願いすることも出来ないし、ギターを弾いている所を背景にするか。


カメラの調整をして、軽く声出しをして貰う。

Aちゃんの『お願いします!』という声で、録音を始めた。


拍を取ってギターを弾き始める。


俺が作った曲を、Aちゃんが透明感のある声で歌う。

この曲は、元々Aちゃんの為に書かれたんじゃないかと思う程、彼女の声にぴったりだった。


部屋に吸い込まれるように消えていった歌声に、思わず鳥肌が立った。



「…っ凄いよ!永遠に聴いていられる!!」


『真冬さんの曲がいいだけです…』



満面の笑みを浮かべて、俺の手を握る。



『こんなにも素敵な曲を歌えて嬉しいです。
作曲して下さり…ありがとうございます』


「…っ」



曲を書くことが、義務のようになっていた。

気付いてもらえないまま、曲に気持ちをぶつけて、ぶつけて…


でも、結局無意味で。

…何も、変わらなくて。


歌詞にありありと恋心が表されているこの曲。

解釈するような曲の方が、何かを叫ぶような曲の方が、
リスナーは好きだし人気にもなる、ということは知っている。


だから、あまり需要がないかな…と思って、気に入っていたけどボツにした。


一生、世に出さずに終わると思っていた。



「俺の方こそ…歌ってくれて、ありがとう」



そう言って、手を握り返した。



十七話→←十五話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (295 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
788人がお気に入り
設定キーワード:まふまふ , 歌い手
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:鈴里風夢 | 作成日時:2019年2月2日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。