占いツクール
検索窓
今日:9 hit、昨日:81 hit、合計:80,657 hit

大切な時間 ページ10

.


私の変化に敏感なジフニだから、すぐさまそれを感じ取ったのだろう。


ため息を吐いて、視線を逸らした。


「わざとらしすぎ」

「いや、だって」


こうなってるのは誰のせいだと…そう言いかけたけれど、思いとどまって口を閉じた。


私には彼の気持ちにとやかく言う資格なんかない。


「普通にしてよ」

またジフニが口を開く。


「普通だよ」

そう返しながら、心は普通ってなに?どんな感じだっけ?と忙しない。


「あっそ」


そういうとジフニは背中を向けてしまった。



沈黙を破ったのは、私。


「ねえ、ジフナ」

「なに」

「苦しくない?」

「は?」


くるりと椅子が回った。

ジフニの頰が引きつっている。


ああ、怒らせた。

お前がそれを言うのか、って顔に書いてある。



「お前なぁ…」

「あ!いや、違うの!だって…」



違うの。


分かるから。

ジフニの気持ちが痛いくらい。


私とスンチョリオッパに置き換えると、いてもたってもいられない気分になるから。



「その苦しみを分かってあげられるのも私だなって」

「はぁ…Aって本当変なやつだよ、疲れる」

「あー、ごめん」

「でも、一緒にいて飽きない」

「え?」

「Aはそのままでいい」


ジフニがふ、と笑った。

その瞳がまた私を映す。



今度は「うっ」と声が出てしまった。



「あからさまなのやめろ」

「じゃあ見ないでよ」

「無茶いうな」





相手の気持ちが思い通りにならない苦しみを知ってるよ。



知っているけど、

私はジフニとのこんな何でもないやり取りが楽しくて、好きなの。



こんな時間が続けばいいと思ってしまう私をどうか許して。



.

渦の中から→←そんなつもりは



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (194 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
550人がお気に入り
設定キーワード:SEVENTEEN , セブチ , ウジ   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

sani(プロフ) - ゆずさん» こコメントありがとうございます!文庫本無限とは!このお話は私なりに書くの楽しかったので、すごく嬉しいです(*^^*) (9月30日 7時) (レス) id: f23e3c8ef3 (このIDを非表示/違反報告)
ゆず(プロフ) - もう好きすぎて文庫本にしたいです。あったら無限に買えます。頑張ってください!!! (9月29日 23時) (レス) id: b8bb6a8de4 (このIDを非表示/違反報告)
sani(プロフ) - ゆ☆さん» コメントありがとうございます!良かったと言っていただけて、とっても嬉しいです(*^^*)読んでくださり、ありがとうございました!! (7月15日 7時) (レス) id: f23e3c8ef3 (このIDを非表示/違反報告)
sani(プロフ) - 沙羅さん» えええ!そんな大袈裟なー!!でも嬉しいです(*^^*)これからも是非仲良くしてください!お互い頑張りましょう〜( ´ ▽ ` ) (7月15日 7時) (レス) id: f23e3c8ef3 (このIDを非表示/違反報告)
ゆ☆(プロフ) - 初コメです(^_^)いつも更新楽しみにしてました!読んでてすごい切なかったけど最後良かったです( ; ; )とても面白かったです! (7月14日 23時) (レス) id: 6e669d79c7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:sani | 作成日時:2018年6月22日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。