占いツクール
検索窓
今日:48 hit、昨日:415 hit、合計:412,595 hit

37:ドロップ ページ38

かまどというものを人生で初めて取り扱った。

目の前にはパチパチと音を立てて燃える薪。

生き物のように揺れ動く火をじっと眺める。

そもそも野外炊飯というものに加わるのが初めてである。

小学校の時も、中学校の時も、林間学校は全てサボったのだから。


時は夏休み。

希望者だけが参加できる勉強合宿。

帝丹高校の2年生が毎年行っているそれは、勉強がメインとはいえこうして少しはイベントもあるのだ。

だとしても…だからこそ、今までの私なら絶対に来なかっただろう。

それでも今回参加したのは、ひとえに蘭ちゃんに誘われたからである。

夜にこっそりみんなで菓子パしようよ、と言われたのだ。頷くしかない。お菓子食べたい。


同じ部屋には蘭ちゃんの他に鈴木さんと世良さん。

野外炊飯のグループも同じメンバーだ。

料理なんてできない私は必然的にかまど係。

工藤に「蘭のカレーはめちゃくちゃうまいぞ」と誇らしげに言われた時は若干イラッときたので頬をつねってやった。

でもきっと、カレーの方は本当に美味しいものができあがるだろう。

となれば、私はご飯の方をしっかり見張っておかなければ。

火が弱まってきたので端にある木片を移動させる。

その時、急に横から手首を掴まれた。


「ダメだよ、ちゃんと軍手をしないと」

『え?あ…ありがと…』


私に軍手を差し出してくれたのは、同じくかまど係の世良さん。

工藤と同じく高校生探偵をしているらしい。喋るのは多分、今日が初めてだ。

なんにせよ、彼女が一緒ならご飯を焦がしてしまうこともなさそうだなと密かに考える。


そんな時、ポケットに入れていた携帯が小刻みに震えた。

メール…恐らく降谷さんからだ。

周りに先生がいないことを確認してから盗み見れば、数名の男の名前と「調べといて」の五文字。

…あの人、私が合宿中なのわかってんのかなぁ。

仕事は相変わらずブラック企業並の頻度で頼まれる。

私が告白したことなんてまるでなかったかのようにいつも通り。

そう望んだのは他ならぬ私だ。降谷さんはその通りにしてくれてる。

わかりました、と返信して携帯を仕舞う。

すると、世良さんが薪をつつきながら私を見た。


「髪、切ったんだね」

『え?』

「なにかあったのかい?」

『…別に、ちょっとすっきりしたくて』

「へえ、そっか」


…工藤も降谷さんもそうだけど、探偵って時々よくわかんないことを気にする。

そろそろお腹が空いたな、と思いながら火を見つめた。

38→←36



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (432 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1254人がお気に入り
設定キーワード:名探偵コナン , 降谷零 , 安室透   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

カルビ(プロフ) - はい!降谷さん格好よく書けてます!!大好きです!!良かったらボードで話しませんか?降谷さん語りましょう!! (4月8日 16時) (レス) id: 36c4c5cb96 (このIDを非表示/違反報告)
立夏(プロフ) - 1さん» ありがとうございますー!続編でも頑張りますね!よろしくお願いします! (4月5日 21時) (レス) id: 4a977019e9 (このIDを非表示/違反報告)
1 - すっっっっっごいきゅんきゅんします!毎日楽しみにしてます。応援してます! (4月5日 6時) (レス) id: 1e43368747 (このIDを非表示/違反報告)
立夏(プロフ) - 泉夜 綴禮@tudureさん» わ〜!神作だなんてありがとうございます!!評価まで押して頂けてとっても嬉しいです!これからも精進できるよう頑張りますね!! (4月4日 20時) (レス) id: 4a977019e9 (このIDを非表示/違反報告)
泉夜 綴禮@tudure - これは神作ですね!一番右の星不回避です('-' (4月4日 19時) (レス) id: 4933786ec3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:立夏 | 作成日時:2019年3月3日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。