占いツクール
検索窓
今日:199 hit、昨日:287 hit、合計:257,784 hit

イチゴ味のかき氷 ページ9

.

Aside


結衣 「Aー!!」



少し遠い所から私の名前を呼ぶ結衣ちゃんの声がして、慌てて秀くんから身体を離した。




結衣 「ここにいたんだ」


『う、うん』



きっと赤くなっているであろう頬を誤魔化すように、少し俯きながら私は頷いた。




結衣 「喉乾いたから海の家で何か買おうって話になったんだけど、A達何か飲む?」



かき氷とかもあるけど。結衣ちゃんがそう言った瞬間、私は思いっきり頷いた。




『かき氷食べたい!!』



私、かき氷大好きなんです。


夏祭りとかに行ったときは必ず買うほど好きなの。





結衣 「Aはかき氷が好きだねー。何味がいいの?」


『イチゴ味!』


結衣 「了解!Aは可愛いね〜♡」




そう言うと私のことをギュッと抱きしめた結衣ちゃん。


結衣ちゃんに抱きしめられるのは本日何度目だろうか。



でも大好きな結衣ちゃんに抱きしめてもらうのは好きだし、普通なら私も抱きしめ返すんだけど‥‥




「‥‥はい。もういいでしょ」



結衣 「もう邪魔しないでよ明智!」




秀くんの前ではそうもいかないんです。




「Aは俺のだから」



そう言うと今度は後ろから私を抱きしめてきた秀くん。


秀くんは人一倍独占欲が強いんです。


それこそ最初は冷やかしてたみんなも今は呆れてるみたいだけどね‥‥。




結衣 「はいはい。相変わらず独占欲が強いですね。‥‥で、明智は何か飲む?」


「俺は自分で買ってくるわ。Aの分も」


結衣 「あ、そう?てか今東条やももが私達の分も買いに行ってくれるから今行ったら間に合うんじゃない?」



「了解。じゃあ川崎はAとここで待ってて」




そして秀くんは「ちょっと待っててな」と言うと私の頭を撫でて海の家の方へと歩いていった。

少しだけ怒ってます→←可愛い彼女



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (307 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2549人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

なっちゃん(プロフ) - 向日葵さん» 向日葵さんありがとうございます!そう言って頂けてすごくすごく嬉しいです(o^^o)これからも頑張ります!! (11月23日 11時) (レス) id: 41899e9978 (このIDを非表示/違反報告)
向日葵(プロフ) - すごく面白かったです!ほんとに俺スカの話見たいで更新される度とてもワクワクしながら読んでました。これからも頑張ってください!応援しています! (11月23日 6時) (レス) id: 618b4809c9 (このIDを非表示/違反報告)
なっちゃん(プロフ) - れいなさん» れいなさん、ありがとうございます。そう言っていただけてすごく嬉しいです!参考にさせていただきますね (11月20日 8時) (レス) id: 41899e9978 (このIDを非表示/違反報告)
れいな(プロフ) - いつも更新されるの本当に楽しみにしていました!リクエストしたものも書いてくださり、ありがとうございます!!!!すっごく良かったです!!子供が産まれてからの続編が見たいです、!!宜しければぜひお願いします! (11月20日 1時) (レス) id: afce4b64e1 (このIDを非表示/違反報告)
なっちゃん(プロフ) - あやさん» あやさんありがとうございます!そう言っていただけてすごく嬉しいです(^ ^)参考にさせてもらいます (11月19日 23時) (レス) id: 41899e9978 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:なっちゃん | 作成日時:2019年7月5日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。