占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:21 hit、合計:1,365 hit

一話  ページ2

俺は火廼華矢、航空会社「六条」の娘、六条花蓮様の専門の執事をやっている
そんな、俺は今お嬢様と買い物に来ているのだが・・・

花「ねぇ、華矢!これはなに?」

華「これですか?、これはカレーのルーですよ」

この、お嬢様知らない事が多すぎるのだ
先日、誠様が「うちの娘を頼む!」と言って海外出張にいかれたが
さすがに、これは度がすぎるのではないかと思われる

花「華矢!」 華「はい!なんでしょうか?」

花「もう、道のど真ん中に立っていたら邪魔じゃない!」

華「あー・・・申し訳ありません」

このお嬢様、しつけだけは行き届いてるなと思い、今日の夕飯を考える

花「ねぇ、華矢!今日の夕ご飯はなに?」

華「そーですね____「「今から、お野菜とお肉の半額セールを行ないます!!」」・・・
  カレーでいいですか?」

花「ええ、大丈夫よ」 華「それじゃあさっきのカレールーを5つ持って来てください」

花「それじゃあ行ってくるわ」

家に帰ったら、カレーを作るのだが・・・その量が半端じゃない
自分のような、執事やメイドを何人も雇っている
その人たちの分も作るのでお金と時間がかかる(まぁお金の心配はないが)

華「おじぃちゃん、いつもの4kg頼むよ」

じ「華か!いつも大変だなー・・・あれ?花蓮ちゃんは?」

華「あー・・・カレールー取りに行かせただけなんすけど・・・」

じ「華も大変じゃな!袋に入れとくから行っておいで!」

華「あー頼んます」

ニ話→←設定



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (12 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3人がお気に入り
設定キーワード:お嬢様 , 秋葉まこ , , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - れっどぶるは翼を授けてくれるのかさん» ありがとうございます!更新を頑張っていきますので応援よろしくお願いします! (10月14日 10時) (レス) id: 0ad8ce9e06 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 秋葉まこさん» ありがとうございます!、わざわざ見に来てくれるなんて・・・・とてもうれしいです! (10月14日 10時) (レス) id: 0ad8ce9e06 (このIDを非表示/違反報告)
れっどぶるは翼を授けてくれるのか - 家が…爆発しました…!(唐突) この作品の続き楽しみです! (10月14日 1時) (レス) id: 7f5d39741b (このIDを非表示/違反報告)
秋葉まこ - 読みに来ました!とても読みやすくこの先の話の内容を早く読みたい!という衝動に駆られています!!(更新は自分のペースで!)華矢くん大変ですね(笑)更新待ってます!! (10月12日 22時) (レス) id: 0faa99912c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2017年10月11日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。