占いツクール
検索窓
今日:581 hit、昨日:679 hit、合計:101,437 hit

☆好きだけど。 ページ30

.




( ☆リクエスト )



そのあとは2人がずーっと隣で笑わせてくれた。


ジェルくんが声真似してくれたりしてるのを、私となーくんが笑うって感じだけど。





やっぱりこの雰囲気がたまらなく好きだなぁ。





ピンポーン、


ななもり「誰か来た?」

ジェル「俺出たるでー...。はぁい?どちら様ぁ?」



あのあとちゃんと音が出るように戻したインターホンが思ったよりすぐ鳴ってビクッとしてしまったけど、ジェルくんが大阪のおばちゃんのように出てくれて笑った。



ジェル「え、俺だってわかった?さすがや〜、そんな君をさくりの家へ招待しましょう」




...すとぷりだったのかな?


ジェルくんに「さくちゃんが出てあげて」と言われて、再度鳴ったインターホンを聞いて玄関のドアを開けた。







『あ、さとちゃん』





さとちゃんと目が合った途端。
がばっと思い切り抱き締められた。




『どうしたの?』

さとみ「どうしたのじゃねえよ」





心配して来てくれたんだろう。

優しいね、さとちゃん。




『もう大丈夫だよ』

さとみ「うるさい」

『う、うるさい?』




すごくキツく抱きしめられる。

苦しいくらいキツく。




さとみ「絶対俺から離れんな」

『えー...、離れたらごめん』





言えなかった。

一生離れません!!っていうのは言えなくなっちゃった。




何回それを言ったところで、辛いとき病んだときはボロボロになって今日みたいに辞めた方がいいのかなとか考えちゃうわけだし...。




さとみ「嘘でも言えよ」

『もう嘘でも言えなくなっちゃったもん』

さとみ「...俺達じゃ守れない?」

『迷惑かけるのが苦しい』




なんてまたなーくんにその考えが迷惑って言われちゃうんだけど。




なーくんとジェルくんに挟まれてメンタル回復したけどさ、思い出したら「あ〜あ」ってなりはする。




めんどくさい女だな、まじで。

#2→←#6



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (125 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
777人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作者ちゃん(プロフ) - いつも楽しく読ませていただいてます!わたし的には欲を言えばやっぱ両方がいいんですが、ころさく派ですね! (6月5日 1時) (レス) id: cc0d27b9ca (このIDを非表示/違反報告)
こんこん - 始めまして!楽しく読ませていただいてます!急なんですけど、私はさとさく落ちが良いです…。両方かころさくが多いみたいなんですけど私はさとちゃんが好きなので…。なんか急ですいません|ω・`)お願いします!これからも頑張ってください! (6月4日 19時) (レス) id: e238538397 (このIDを非表示/違反報告)
ふらぺちーの - ころさくもさとさくも好きなので、我儘を言うならどっちのオチも見たいです((どっちかと言われれば、ころさくですかね、、、 (6月3日 21時) (レス) id: e6e493be89 (このIDを非表示/違反報告)
#nana⇒?/低浮上なう「2」(プロフ) - ころさくが好きですー! (6月3日 19時) (レス) id: 836eb1425a (このIDを非表示/違反報告)
さくちゃん - 両方書くとかどうですか?どっちかならやぎがいいです() (6月3日 19時) (レス) id: 7e1908b61a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ひーりん。 | 作成日時:2019年4月27日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。