占いツクール
検索窓
今日:10 hit、昨日:508 hit、合計:339,649 hit

41話 ページ44

Aside






「会えるよ。」と返信すると、「じゃあ○○の前で」ときた。

幸い、電車に乗らず済む距離だ、出来るだけ駆け足で向かう。

なんて声をかけようか、カッコよかったよ?楽しかったよ?どれも悩むけどなかなか答えが見つからない。

そう考えてるうちに、待ち合わせ場所に着いてしまった。

確かここら辺、と彼方を探すとそれらしき人影。

言葉よりも先に体が動き、思わず彼方に後ろから抱きついた。


「!?…あ、A…。」

「うん、お疲れ様彼方。いやそらるさんかな?」

「……知ってたの?」

「ううん、偶然行ったLIVEで、彼方が歌ってただけだよ。」


なんて笑いながら話すと、困ったような顔をしながら彼方は言う。


「……ごめん、隠すような形になっちゃって。いつか言おうとしてたのに先延ばしになって、挙句にこんな風にバレちゃって、凄く情けない……本当にごめん。」


深く頭を下げる彼方を見て、思わずブンブンと首を振った。


「そ、そんな!全然隠されてたなんて思ってないよ!それに…本っ当にかっこよかったし、本っ当に楽しかったし、今回のLIVEはたまたま仕事場の先輩に誘われたものだったけど…行ってよかった、って思ったよ、だって普段と違う“そらるさん”っていう一面を見れて……あぁなんか上手く喋れない。」


苦笑しながら言うと、やっぱり彼方は困った顔のままで。


「……なんか優しすぎて後々振られるんじゃないかって恐怖が…。」

「何それ、振るわけないじゃん。」

「…こんな最低な彼氏なのに?」

「じゃあ私は自称最低の彼氏と一緒に居るよ、彼方が自分の事どう思おうが私に関係ないでしょ?」


彼方が最低なんて、そんな事1ミリも思わない。

有名だったって事を隠してただけで最低だなんて思えないし。

やっと困った顔から笑顔になった彼方は、私の言葉に照れながらも、言ってくれた。


「……じゃあこれからも、俺と一緒に居てくれますか…?まだお付き合いだけしか出来ないけれど、もし時間がかかったとしても、待っていてくれる?」


プロポーズみたいなセリフは心臓がドキンと高鳴った、勿論私は。


「むしろ待たせてよ彼方、ずっと待つよ、だから一緒に居させてください。」

42話[リクエストありがとうございます]→←40話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (228 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1005人がお気に入り
設定キーワード:そらる , 歌い手 , 恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

彩華 - 何この神作品!私が書いてる小説とは全然違う...!良かったら私の小説読んd))))) 殺人犯との鬼ごっこっていう名前だy)))))←宣伝するな (8月22日 18時) (レス) id: e742c3b57e (このIDを非表示/違反報告)
- りっちゃんさん» こんな気まぐれに書いた作品を読んで頂きありがとうございますw (8月19日 22時) (レス) id: abf4ad4153 (このIDを非表示/違反報告)
りっちゃん(プロフ) - ああああ!!なんで高評価って一回しか押せないんだあああ!!!(うるさくてごめんなさい) (8月19日 16時) (レス) id: 75e3c0ea04 (このIDを非表示/違反報告)
- 狂鬼さん» 先を書いてきます…w (8月19日 16時) (レス) id: abf4ad4153 (このIDを非表示/違反報告)
狂鬼(プロフ) - 飴さん» お?またまたいい展開だ。あまちゅ56されねぇかなそらるんに…← (8月19日 16時) (レス) id: b1fcaf3ab6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年8月5日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。