占いツクール
検索窓
今日:452 hit、昨日:136 hit、合計:57,642 hit

74話 ページ24

意識を取り戻した潮田には謝られ
その数日後


貴女「誰?」

千葉「渚の母親だ
怒ると怖いらしいぞ」

貴女「へぇ…美人さんだね」

原「あら、Aちゃんもそう思うのね」


校舎ないから渚の母親を見て「そうだね…」と呟く


貴女「死体になったらもっと綺麗になると思うよ」

千葉「…お前、それは怖いから言うな」

三村「ん?もう1人後ろから誰かこっち来てんぞ?」


三村の声に潮田の母親から後ろの人物に目を移す


貴女「あれは…」

千葉「知り合いか?」

貴女「少しね
多分用があるのは私だし、行ってくるよ」


窓から外に出て歩く


「……えらくここだけ孤立してますね」

貴女「落ちこぼれの部類なので仕方ありませんよ
珍しいですね、部下ではなく貴方直々にいらっしゃるなんて、坂口さん」



No side

岡村「なんの話してるか聞こえるか?」

菅谷「聞こえねぇ……」

速水「遠くから見ると父親の友人とその娘って感じ」

倉橋「あの人も暗殺関係の仕事なのかな?」


Aと坂口が話している姿を遠目から眺める生徒達


菅谷「お、Aが目元を抑えたぞ」

倉橋「泣いてる?」


そんな話をしていると坂口がAの顎を持ち、坂口の顔がAに近づく


生徒「!!?」


生徒達の角度からは坂口とAがキスをしたように見えた


杉野「話の流れがわかんねぇ………けど」

倉橋「Aちゃんモテモテ〜」

赤羽(あれは違うと思うけど……面白そうだし黙っとこ…)




真実↓

話の途中に風が吹いてAの目になにか入る


貴女「痛っ……」

坂口「目を擦らないでください
目薬ありますからほら、顔をあげて」


坂口がAの顎を持ち目を合わせる


坂口「……どうですか?」

貴女「大丈夫です、ありがとうござます」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

普通に考えて目薬さすとキス間違えねぇよな

75話→←73話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (54 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
233人がお気に入り
設定キーワード:暗殺教室 , 文スト
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

麻理(プロフ) - 何時も面白くて更新が待ち遠しいです。1つ間違いが御座いましたので忠告させて頂くます。ヒョードルではなくフョードルですよ。 (10月1日 13時) (レス) id: 41040ea4ef (このIDを非表示/違反報告)
玲奈(プロフ) - かなり遅くなりましたが、続編おめでとうございます!これからも頑張って下さい! (9月16日 21時) (レス) id: 4a698e5aae (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:水菜目 | 作成日時:2019年9月16日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。