占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:4 hit、合計:37,056 hit

【SEIMEI】5 ★ ページ14

★ゆづサイド

医務室へたどり着いたら、廊下にたくさんの関係者がいて、今か今かと皇子の誕生を心待ちにしていた。

その人混みを掻き分けて入室を願い出ると、しーちゃんから意外とすんなり許可がもらえて迷わずAの側へ近づく。

そこには、額にびっしょりと汗をかいたAがベッドに横たわっていて、その疲労困憊の様子に心が打たれる。

「A、頑張って!」

「ゆ…ゆづ…さん。」

「大丈夫。俺がついてる。」

手を伸ばし、懸命に俺の名を呼ぶ妻に、言葉で励ます事しか出来ない自分が情けないけど、せめて安心させてあげたくてぎゅっと手を握る。

「来て…くれたんですね…。」

「遅くなってごめん、もうずっと側にいるよ。」

ふと、佳菜に預けた自分のブレスレットがAの腕に着けられていることに気付いて、いとおしさのあまりそれを手ごと包み込む。

氷の神様、どうかAを守ってください…。
無事に皇子を生めるよう、力を貸してください…。

そう願う間も、ずっと苦しそうにしているAが心配でたまらない。

痛みと疲れで気を失ってしまわないか。容態が急変しないか。そんなことばかりが気になってしまう。

そんな中、一瞬Aが顔を歪めて短い呻き声をあげた。

「……。」

そして次の瞬間、突如として医務室内に息を吸うような細い声が響き、徐々にそれが断続的なものに変わる。

「ふぇ…。」

それはまるで猫のようでもあり、人のようでもあり…。自分が今まで聞いたことのない生命の叫びを、この世に響かせているようで…。

「生まれた…。」

佳菜が恐る恐る近づいてきて、俺の肩に手を置きながら覗き込んでいる。
Aの表情を見ると、顔色は良いとは言えないけど、幾分穏やかな顔付きになっていた。

「王子さま、王女さま、おめでとうございます。」

さっきまでとは違い、笑顔で祝福の言葉をくれるしーちゃんに、今この瞬間、Aがこの世に無事新しい命を産み落としてくれた事を確信すると同時に、言い様のない嬉しさが込み上げてくる。

「……。」

言葉が出ないって、こういう時のことを言うんだな…。

スケートでどんな高得点を出したって、今のこの気持ちには敵わないし、今だかつて味わったことのないくらいの感情が止めどなく沸き上がってくる。

「ゆづ。よく見てあげて。」

そしてしーちゃんか簡単に処置してくれた、裸のまんまの我が子を見せてくれた。

【SEIMEI】6 ★→←【SEIMEI】4 ☆



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (69 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
103人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

鹿(プロフ) - yuccoちゃんさん» 出産シーンはあまりリアルになり過ぎず、気を付けたのですが^^;羽生さんなら立ち合いそうじゃないですか?いつか本人も、親になってほしいです^^ (6月24日 17時) (レス) id: ac41a7df10 (このIDを非表示/違反報告)
鹿(プロフ) - りんりさん» ありがとうございました!何度でも読んでください^^私も読みます!とっても長いので、時間のあるときにでも。いつでもお気軽にコメント書いてくださいね!妄想を受け止めてくださり、ありがとうございました! (6月24日 17時) (レス) id: ac41a7df10 (このIDを非表示/違反報告)
yuccoちゃん(プロフ) - 完結おめでとうございます!とても楽しく読ませていただきましたー!やっぱりゆづは王子だよね!(´ー`*)次の作品も楽しみにしています。出産シーンのゆづが駆けつけて来た時の表現にキュンキュンしました!(*´ `) (6月23日 22時) (レス) id: f1f31ef53f (このIDを非表示/違反報告)
りんり(プロフ) - 初めまして。氷の国、ずっと楽しく読ませていただいていました。完結、おめでとうございます^^私ごとながら先日、FOIにて初めて結弦王子を生で見て、もう一度この小説を最初から読みたい気持ちに駆られています。次作も楽しみに読ませていただきますね! (6月23日 17時) (レス) id: 6a04cdba45 (このIDを非表示/違反報告)
鹿(プロフ) - 心菜さん» やっぱりその時その時に羽生さんを投影させていると、楽しいです^^あれもこれもまだ書いてないエピソードもありますが、ちょっと気分転換もいいかなと、ちょっと強引に終わりましたが^^;また何か書ければいいなと思います! (6月13日 17時) (レス) id: ac41a7df10 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:鹿 | 作成日時:2019年5月25日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。