占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:44 hit、合計:71,420 hit

ページ30

「そういえばこれってどこに向かってるの?」



ふと気になったので顔だけ黒崎さんの方へと向けると、運転中だからかチラリと私を見た後すぐに正面へと視線を戻した。

何故か楽しそうにふふっと笑いを零しながら。


「どこだと思う?」

「どこって…」


分からないから聞いてるんだけど…と思ったがいきなり喧嘩腰でいくのもどうかと思うので少し考える素振りを見せてから、適当に頭に浮かんだのをボソッと呟いた。



「…どこかのレストラン?」

「あ〜ご飯食べるってとこだけ合ってる!あ、A夕飯まだだよね?」

「そう言われてたから食べてないよ。…え、でも他にご飯食べるとこって…」



そこでハッとした。



「ホテルってこと…!?」


もう黒崎さんレベルとなると高級ホテルで食事をすることが当たり前になっているってことか。そういえば黒崎家との会食もホテルだったよなぁ、としみじみ思い出す。


すると隣からふ、ふふと何かを必死に我慢しているような声が漏れ、やがてふ、ははっと堪えきれなかったかのような笑い声が車内に響き渡った。



「ちょ、今運転中やからあんま笑わせんとって…!!ふふ、そんな真面目なトーンで何言い出すのかと思ったらっ…!」

「なっ…!!」



こっちは真面目に考えたというのに…!!


何だか真剣になるのも馬鹿らしく思えてしまい、もう知らない、という意味を込めてぷい、と彼に顔を背けた。


黒崎さんは変わらず笑っているからか若干震えた声で、話を続けた。


「じょーだんやって!ね、こっち向いて?」

「お断りします」

「ふふ、そんな怒らんといてって…あ、もう着いちゃう」


その一言で我に返り、パッと窓越しに外の景色を覗くが、それらしい店は見えない。一体何十階まであるんだろう、と数える気も無くなる程の、所謂高層マンションがどん、どん、と並んでいるばかりだ。


本当にこの辺りなの?どうしてこんな住宅街みたいなとこ…


と、そこでまさか、と黒崎さんの方を向いた。


「黒崎さん、もしかして…」



疑いの目で黒崎さんに目を向けると、彼もちょうど私の方を向いていたようで、パチリ、と目が合った後、目を細めて口元に弧を描いた。




「うん、俺の家」

◆→←◆



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (151 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
564人がお気に入り
設定キーワード:歌い手 , luz , センラ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

時雨(プロフ) - ぽんずさん» コメント&通知登録ありがとうございます!そう言っていただけて嬉しいです、これからも頑張りますね! (7月15日 21時) (レス) id: 27a105a2bf (このIDを非表示/違反報告)
ぽんず(プロフ) - 読み応えある。通知登録しました!更新楽しみにしてます! (7月12日 10時) (レス) id: 98acc9f874 (このIDを非表示/違反報告)
時雨(プロフ) - さくさん» わっありがとうございます〜!!嬉しいです、頑張ります!! (6月7日 20時) (レス) id: 9626d45726 (このIDを非表示/違反報告)
さく - この作品好きです!更新楽しみに待ってます…! (6月6日 16時) (レス) id: 1b1d47c664 (このIDを非表示/違反報告)
時雨(プロフ) - 彼方一ノ瀬さん» わぁ!ありがとうございますー!嬉しいです頑張りますねー!!よろしければこれからも読んでやってください!! (4月30日 15時) (レス) id: 54c8766224 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:時雨 | 作者ホームページ:***  
作成日時:2018年11月8日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。