占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:3 hit、合計:19,707 hit

32話 怒ってる ページ34

「あぁ?誰だテメェ」

「痛い目見たくなかったら帰りな」

「うるさい。そいつを返せ」

風丸くんがそう言うと、不良たちは青筋をうかべる。

怒ってる。でも、それと同じくらい、いやそれ以上に風丸くんも怒っていた。

目が、怖い。

「痛い目か……」

そう言って風丸くんがクスッとバカにしたように笑う。

「ぜひ、見てみたいな」

ドクン。

風丸くん……!!!

私は、風丸くんを連れて逃げようと思って、走り出す。

すると、不良の一人が、私の髪の毛をつかんで、私の首元にポケットから取り出した小型ナイフをあてた。

今の不良は、こんな物騒なもの持ってるんだ…

「雪村…!」

風丸くんは、残りの五人の不良に囲まれる。

「……ぁ…」

不良たちは、いっせいに風丸くんをリンチし始めた。

「かぜ、まる…く」

私がいるから、抵抗できないんだ。

「離して…!!」

私は、そう言って暴れる。

「暴れんなガキ!!刺すぞ!!!!」

髪の毛を思いっきり引っ張られて痛い。

痛いからか、怖いからか、自然と目に涙がにじんだ。

髪の毛、痛い。

髪の毛………

あぁ…そっか。つかまれてるから、逃げられないんだ…

「あ…?」

私は、不良がナイフを持っている方の手を掴む。

「な…」

不良が驚いて、一瞬手の力が抜ける。

私はその瞬間、ナイフを自分の髪の近くに持ってきて、つかまれている部分より上の髪の毛を一気に切断する。

ザッ。

全員が驚いたように私を見る。

私の髪は、地面にパラパラと落ちる。

「風丸くん……!!」

私は、風丸くんの方に走り出す。

すると風丸くんも口元の血を拭って、私の方に手を伸ばす。

「逃げるよ!!!」

「あぁ」

風丸くんは、私の手を掴んで、ダッシュで走り出す。

私は、半ば引きずられながらついていく。

「……バカ」

「はいはい」

走りながらそう言うと、風丸くんはフッと笑いながらそう答えた。

33話 この気持ちが恋じゃないなら→←31話 デジャブ


  • 金 運: ★☆☆☆☆
  • 恋愛運: ★★★☆☆
  • 健康運: ★★★★★
  • 全体運: ★★★☆☆

ラッキーアイテム

革ベルト

ラッキーカラー

あずきいろ

ラッキーナンバー

8

ラッキーアルファベット

X

ラッキー方角

西 - この方角に福があるはずです

おみくじ

おみくじ結果は「末凶」でした!


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (28 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
39人がお気に入り
設定キーワード:イナイレ , キスフレ , 風丸一朗太   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

神崎 奏(プロフ) - yuriさん» ありがとうございます!とっても嬉しいです!! (12月3日 15時) (レス) id: 3c3fe50db5 (このIDを非表示/違反報告)
yuri - 面白かったです!応援してます!! (12月3日 0時) (レス) id: cbe69faa9b (このIDを非表示/違反報告)
神崎 奏(プロフ) - アレスさん» ありがとうございます!更新頑張ります!!少しでも楽しんでいただけるように頑張ります! (11月2日 21時) (レス) id: 3c3fe50db5 (このIDを非表示/違反報告)
アレス - とても面白いです!更新頑張ってください! (10月30日 23時) (レス) id: 73833a43c9 (このIDを非表示/違反報告)
神崎 奏(プロフ) - いさきさん» コメントありがとうございます!そう言ってもらえるとすごく嬉しいです!これからも頑張ります! (10月24日 23時) (レス) id: 906f3d7dcd (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:神崎 奏 | 作成日時:2018年7月23日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。