占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:9 hit、合計:53,990 hit

★Error vs fell ページ21

戦局は劣勢だった。

「ははっ、息巻イていた割にはそンなもノか?」
Errorが挑発的に俺を見下ろす。

いつもの俺ならそんな視線でも快感に感じてしまうんだが、今はそういう訳にもいかない。
俺が負ければ、Aがつらい目に遭ってしまう。
俺が、俺が守らなくちゃ…

でも、奴を打ち破る方法が思いつかない。
ソウルを貫こうものならInkの二の舞だし、言葉なんかで説得できる相手でもないだろう。

「うぐっ…あっ!!」
あれこれ考えていた隙に、青い糸が俺を縛り上げる。

「では…こうシようか。こコで大人しク負けを認めレば、お前の世界だケは破壊セず“見逃し”てやる。抵抗するナら…お前のソウルは真っ二ツだ。」

「……!」
俺が心から欲していた世界の復活。そして永久の平和。

「それでも俺は…!自分の世界にかえても…!」

「Aを守りてェんだよ!!!」

片目を赤く光らせ、Errorの足下から骨を飛び出させる。
ソウルを傷付けないように取り囲む形で。
そうだ。殺せないなら動けないようにしちまえばいい。

そして動くとダメージを受ける青い骨で奴の四肢と目を貫いた。

Errorの動揺が伝わり、糸がほどける。
「その目と手足が恋しいなら動かない方がいいと思うぜ?ん?」

「Fell…貴様…ァ!!」
へっ、口だけは動くようだな。
俺は無視して囚われていたInkを助けた。

「ははっ、まさか君に助けてもらっちゃうとはねぇ…」
Inkが頭をかく。
「悔しかったら2度とヘマすんなよな。」
「とにかく、今は感謝の気持ちでいっぱいだよ〜!ありがとうね!」

笑顔を振りまきまくるInkを連れて俺はAUの狭間に帰った。

★2人→←★YOLO



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (84 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
70人がお気に入り
設定キーワード:Undertale , Sans
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

イヴァルカ - ありがとうございます (8月22日 19時) (レス) id: 02b7350037 (このIDを非表示/違反報告)
ウォーター - 作者様ばんざい!!! (8月9日 5時) (レス) id: 72e668b58c (このIDを非表示/違反報告)
インク好き -   続編が出ること、とっっっっっっっっても嬉しいです! (8月5日 12時) (レス) id: 04f3e8aaa7 (このIDを非表示/違反報告)
いーある(プロフ) - ありがとうございます (6月23日 12時) (レス) id: 8362452570 (このIDを非表示/違反報告)
氷食家(プロフ) - いーあるさん» “ラストサンズ”ですよー! (6月23日 12時) (レス) id: 7b35d0ea6d (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ろーるけぃき | 作成日時:2017年12月17日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。