占いツクール
検索窓
今日:32 hit、昨日:11 hit、合計:7,268 hit

8話 怒り ページ10

A「危ないとか…さ、外見だけで決めつけることじゃないんじゃない?」

好きな人をストレートに侮辱されれば、誰だって気分を悪くするだろう。

A「チアキはすっごく優しくて、芯が強くて、でも可愛くて…。要するに、話してみないと分からないことだってあるよね、って言いたくてね?」

静かに怒りを膨らませる。

声色も、どんどん重くて痛々しいものに変わっていく。

A「それを危ないとか、どの口が言ってんの?チアキのこと、何も知らない人に言わないでほしいんだけど。」

そこまで言ったところで、ハッ、と我に返る。

クラスメイトに怒るとか…、私、ついに壊れたかな?

A「ご、ごめんね!今言ったこと、忘れて!」

焦って笑顔を作ってみる。

が、時すでに遅し。

クラスメイトも、訳の分からないことで怒られたことに、怒っていた。

クラスメイト「あんたさぁ…本当になんなの?私が話してあげたのよ?ずーっと一人の哀れなぼっちに、この私が!」

おいおい、さっきまでの喋り方はどうした。

一気に人格変わったな。あんた、って言うあたり、こいつはいじめっ子だと読んだぞ。

なんて、のんきに考えてられる自分を褒めて欲しい。

クラスメイト「それに、私の助言を聞こうともしないのね、身の程知らずが。」

助言…?あぁ、チアキと離れた方がいい、ってやつか。

あれが助言という認識なのか、この自己中にとっては。

まるで、今ブームの乙女ゲームの悪役令嬢キャラじゃないか。

そう考えると可愛く思えてくるな。

クラスメイト「あんた気持ち悪いのよ、急に語り出したり、訳の分からないことで怒り出したり。」

A「…ごめんね、最近私、疲れてて情緒不安定っぽくて。鍵持ってくから…」

クラスメイト「黙りなさい!耳障りだわ。第一、あんたが鍵を持っていくのなんて当たり前。少し考えれば分かるでしょう?」

事を穏便に済ませようと、とっとと鍵を持っていって帰ろうかなと考えていたのだが、そうはいかないようだ。

クラスメイト「私に反抗したこと、後悔しなさい!!」

相手から拳が飛んでくる。

いや、こいつ、私のこと殴るつもりなの?

お前の方が情緒不安定じゃん。

いっそのこと殴られて、訴えてみよっかな〜?

どうしよっかな〜??

避ける気がさらさらない私に、相手の拳が当たる…

かと思いきや。



パシっ…。



?「おいテメェ、何やってんだよ。」

9話 距離→←7話 違和感



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (30 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
38人がお気に入り
設定キーワード:妖怪学園Y , 蛇山チアキ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

咲代(プロフ) - 天さん» ありがとうございます!!頑張ります〜!! (3時間前) (レス) id: e37cac3f41 (このIDを非表示/違反報告)
- 面白いです! 投稿頑張ってください! (8時間前) (レス) id: 9b7d3c2801 (このIDを非表示/違反報告)
咲代(プロフ) - アリスさん» はじめまして〜♪ありがとうございます!!嬉しいです!モチベ上がったんで更新頑張ります! (1月6日 7時) (レス) id: e37cac3f41 (このIDを非表示/違反報告)
アリス - はじめまして!これからも応援してます!更新頑張ってください♪ (1月6日 6時) (レス) id: 76d2fea91c (このIDを非表示/違反報告)
咲代(プロフ) - 彼方さん» ありがとうございます!!更新頑張ります!(`・ω・´) (12月26日 7時) (レス) id: e37cac3f41 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:咲代 | 作成日時:2020年11月8日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。