占いツクール
検索窓
今日:90 hit、昨日:183 hit、合計:844,835 hit

*18 ページ18

「…Aさん?」

「え?あ、どうかしました?」

「明後日の水族館楽しみですね、って言ったんですよ」

「そう、ですね!楽しみです!」



少し考えがトリップしてしまった。

あれから何回も何回も頭の中で整理しようとするけれど、

透さんとコナンくんも普通に接しているし、

私にはそんなこと本人に聞けないし、

結局考えるのをやめてしまうのだけれど。



話を聞いていた蘭ちゃんが隣に腰かけ、


「水族館って、リニューアルする東都水族館ですか?」

「そうですよ。Aさんの誕生日に行こうと思ってるんです」

「いーなー!デートなんて素敵…」


と、年頃の蘭ちゃんは目をキラキラと輝かせた。



「それ僕たちもあした行くよ」

「あ、探偵団で行くって言ってたよね」

「そうなんだ。どんなところだったか教えてね」

「うん!」



私たちよりも早く水族館に行くというコナンくんにオススメがあったら教えてもらおう。

それにしても本当にこの可愛らしい小学生が

あのFBIと一緒に居たなんて信じられない。


しかもあの頭の回転の速さ。


この子、本当に小学生ーーー?





そう思っていると透さんのスマホが鳴る。



「…っ」




あ…



まただ。




また、私の知らない瞳だ…




しかしそれは一瞬で、すぐに元に戻る。



「Aさん、ちょっとクライアントに呼び出されちゃったので行きます」

「はい、ケーキありがとうございました」

「あとは梓さんにお願いするので、ゆっくりしてってくださいね」

「…透さん!」



急いで帰り仕度をする透さんに思わず声をかける、



なんだか胸がソワソワして落ちつかない。




「…無理だけは、しないでください」



「…大丈夫ですよ。でも、ありがとう」




そういうと透さんは足早にポアロを後にした。

*19→←*17



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (290 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1117人がお気に入り
設定キーワード:安室透 , 降谷零 , 名探偵コナン   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

NANA(プロフ) - アオさん» アオさんありがとうございます!訂正してきます^ ^ (2018年5月4日 10時) (レス) id: 33232cc3d6 (このIDを非表示/違反報告)
NANA(プロフ) - 薔薇さん» 薔薇さん初めまして。楽しんでもらえて嬉しいです^ ^続きもよろしくお願いします^ ^ (2018年5月4日 10時) (レス) id: 33232cc3d6 (このIDを非表示/違反報告)
NANA(プロフ) - ちりさん» ちりさん初めまして。キュンキュンしてもらえて嬉しいです。更新頑張ります^ ^ (2018年5月4日 10時) (レス) id: 33232cc3d6 (このIDを非表示/違反報告)
アオ - 安室さんに仕事は休みをとったのは、夜のうちに言っていましたよ? (2018年5月4日 9時) (レス) id: 95a693fe0b (このIDを非表示/違反報告)
薔薇 - とても素敵なお話で、更新を楽しみにしていました。執行人編、とても楽しみにしております。 (2018年5月4日 0時) (レス) id: cb8b72a93d (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:NANA | 作成日時:2018年4月28日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。