占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:6 hit、合計:46,832 hit

71.うわっ、無理 ページ21

・北山side

「ゾクッ」イキなり背中に悪寒が走り抜ける、それと同時に嫌な予感がし。

(あいつだ、あいつが来た)



滝「どうかした?」

北「いや、別に」

翼「滝沢、向こうからまた誰かやって来るよ」

滝「んっ?」



その声に顔を上げると案の定、そこには藤ケ谷と横尾さんの姿が。

「わわっ、ヤバい」思わず声を上げたとたん「ミツ!?今、ミツの声が聞こえた」



(げっ、こんな姿みられたくない)



藤「北山、どこだぁ〜何処にいるぅーー」



どんどん近づいてくる距離、焦る俺、冷や汗がタラタラと額に流れ俯き加減で歩いていたら。



滝「ははーん、あれが君の王子かな」

北「はっ?どっちの事を言っているんで」

翼「もちろん」

滝「あのドヤ顔で叫んでいる黒い方だろ」

北「ちっ、ちげぇや俺は藤ケ谷のことなんか」

滝「ふーん藤ケ谷っていうんだ?ふっ」

北「ど、どっ、どうして名を」

翼「今、自分で言ったじゃん」

北「んなこと…は」

滝「こりゃ、かなりの重症だな」

翼「どうする?」

滝「そうだなぁ」



(うわっ、また怪しい笑みを浮かべロクなことを考えてね、きっと)



滝「もういいぞ、みんな」

渡辺「えっ、そうですか」

岩本「じゃ」



(ちょ待ってくれ、おい)

その言葉に、突然ガードを崩す演劇部の連中「へっ?えぇーっ」

当然の如く俺の姿は露わとなり、それを見た横尾さんが。



横「ミツ?ミツだよね、どうしたの?その格好」

藤「北山?」

北「あはっ、あははっ、はずい、ハズい」



慌てて滝沢先輩の後ろへと顔を伏せ隠れる。



藤「おい、どういうこと説明しろ」



怒鳴る藤ケ谷に「こういうことだよ」ふっと先輩は笑みを浮かべ俺の身体を引き寄せると腰に手を回し。



滝「この姫は今日から俺のもの」

藤「はあっ?」

横「捕まっちゃったのミツ」

北「あ…いや‥」



(なんでこうなる?)



藤「ふざけんな絶対に渡さない」

滝「勝負する?」

翼「滝沢、冗談はやめにしな相手は後輩くんだよ」

横「冗…談?」



今のうちに、ダッと俺はその場から逃亡を謀り。



深澤「あっ、逃げた」

阿部「まるで佐久間みたい」

佐久間「俺?」

宮館「小動物ってことさ」

渡辺「あはっ」


.

72.→←70.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (120 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
213人がお気に入り
設定キーワード:藤北 , Kis-My-Ft2 , 他ジャニ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Tai.Qi(プロフ) - ちぐさん» いえいえ、こちらこそいつも有り難うございます、やはり元滝担として力が入ってしまうんです(笑)デビューが決まったとき嬉しい反面、二人の絡みが見れなくなるのが寂しかったので演舞場で久々共演した時は萌え〜でしたから(笑) (2018年10月24日 18時) (レス) id: ce1f6b094a (このIDを非表示/違反報告)
Tai.Qi(プロフ) - ももさん» 有り難うございます、同じく書いている作者さまにそう言って頂けると心が軽くなります昔から好きなんですよね気がつけば出演者がどんどん増えてしまって(苦笑)有り難うございます励みにし頑張ります。 (2018年10月24日 18時) (レス) id: ce1f6b094a (このIDを非表示/違反報告)
ちぐ(プロフ) - 先輩達の中でもやっぱり滝沢くんとの絡みは1番私の中で好きなやつです!Tai.Qiさんの作品は様々な人が出てきてくれるので妄想力が沸きます笑 いつもお話ありがとうございます! (2018年10月24日 18時) (レス) id: 49f8e6a8bb (このIDを非表示/違反報告)
もも(プロフ) - Tai.Qi様 お久しぶりです!鈍感なKさん可愛いです!それを守るFYも(><)様々な方が出てきてニヤニヤしています。更新する度に怖い気持ちとても分かります!それでも書きたくなりますよねヽ(´▽`)/コメント出来ておらず申し訳ありませんでした!楽しみにしてます☆ (2018年10月24日 18時) (レス) id: db5af09c34 (このIDを非表示/違反報告)
Tai.Qi(プロフ) - 藤北かじゅさん» 有り難うございます、そう言って頂けると頑張って書いている甲斐があります亀ちゃんside初めてだったので少し不安だっただけに、とても嬉しいです。 (2018年10月6日 21時) (レス) id: ce1f6b094a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Tai.Qi | 作成日時:2018年10月4日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。