占いツクール
検索窓
今日:15 hit、昨日:5 hit、合計:26,667 hit

7話 ページ9

3人で作った夕飯を食べ、既にシャワーを浴び終えた私たちは、お菓子やら飲み物やらDVDやらを持って寝室に移動した。寝室には大きなテレビが設置されており、映画やドラマを見るのに最適なのだ


貴『今日は何を見ようかなぁ〜』

ル「恋愛ものはやめてくれよ?先週ナナリーのおすすめを5本立てで見たばかりだ」

貴『わかってるよ!んー...迷うな...』

ス「あ!これなんかいいんじゃない?」


スザクが嬉しそうに指さしたのは、ベッッッタベタのホラー映画だ。私はそのタイトルを見てさっと血の気が引いた。普通のホラー映画なら私は見られるのだが、その映画は海外生まれでネット上では怖すぎると大評判。スザクがホラー好きなのは分かっていたが、まさかこんなヤバそうなものにまで手を出すとは.....


ス「これネットで怖いって有名で1回見てみたくて...ってあれ?2人とも?」


このお泊まり会でホラーを見るのはこれが初めてではない。が、私はあくまでストーリー性のあるホラーが好きなのであり...こういうゾンビがいきなりぎゃー!とか、テレビから人がうわー!のタイプは得意ではない。そしてルルーシュは言うまでもなくホラーが大の苦手。...がしかし


ス「ダメかなー2人とも...僕これすごく見てみたくて...」

ル・貴「『くっ...』」


私達はスザクのこの顔に弱い。子犬がくぅーんと耳を下げておねだりしているようなスザクの上目遣い。ずるい。この男...この顔にダメと言えないのを知ってて...


貴『ま、まぁホラーなら今までも見てるし...いいよね、ルルーシュ』

ル「...お前達2人が言うのなら俺は何も言わん。...が
、俺は今日少し疲れている。途中で寝ても文句は言うなよ?」

ルルーシュはふわぁと欠伸をして、チラリと私を見たあと、気だるそうにティーカップに口をつけた。
...ルルーシュゥゥゥゥ!!!!逃げやがったなこの.....!!!!
ルルーシュを睨みつけても、何処吹く風で紅茶をすするルルーシュに殺意を覚えた


ス「本当かい!?嬉しいなぁありがとう!」


裏でそんなやり取りがなされているとは露知らず。スザクは目をキラキラと輝かせてレコーダーにDVDをセットして、満足気に私の隣にぼすんと座り込んだ。既にルルーシュはベットの上でテレビに背を向けていた

8話→←6話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (11 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
26人がお気に入り
設定キーワード:コードギアス , 反逆のルルーシュ , 枢木スザク   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぴー | 作成日時:2019年3月1日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。