検索窓
今日:3 hit、昨日:0 hit、合計:985 hit

ページ3

【台詞(続き)】

「天使、天使…そうね、天使に興味はないわ。どうでもいいの、坊や以外は。…でも、私の可愛い坊やを痛め付けたことは腹立たしいわね、アァ、あの光景、いつでも目に浮かぶわ。殺すべきよ、坊やを傷付けるもの、傷付ける可能性のあるものすべて。」


「それに、ヒトの言う"天使"という存在は 愛らしくて白くて綺麗なものを言うのでしょう?それなら私の坊やだけで十分だわ。あんな醜く汚れた有象無象(もの)に"天使"だなんて、坊やに失礼よね。偽物は殺すわ、私の坊や(てんし)のために」


「まぁ、マァ、母から子を奪おうと言うのか」


「ほうら坊や、もう眠る時間だよ。母さんと一緒にベッドへ行こうねぇ。今日は絵本を読んであげようか?それとも子守唄?ぽんぽんもしてあげようね、……どれも、いらない…だって?何でそんなことを言うのかしら、ああ、もしかして照れているの?フフ、可愛い坊やだこと。おやすみのキスも忘れないようにね」


「アラ、お上手ねぇ。母さんにも教えておくれ」


「坊や、坊や!あああこんなに血が…痛かったわね怖かったわね、早く手当てを………あいつね?おまえを、私の坊やを傷付けたのは……安心して坊や今から母さんがあいつを懲らしめるから!!!」


「ヤァねぇ。母さんはおまえのためにやっているのよ?分かってくれるわよね、おまえなら。ねぇ、愛しの坊や」


「…坊やの好きにすればいいのよ。でもね坊や、後悔しないようにね…? …フフ、『お母様のいう通りにする』?そう、そうなのね!本当に坊やはお利口さんだこと!愛してるわ坊や、一生母さんの子供で居てね」


「何で、何故そんなことを言うの…!?だめよ駄目!!それ以上言っては駄目!!誰が何と言おうと坊やは私の子供で、私は坊やの母なのに…!!どっ、どこで…どこで育て方を間違えたのかしら…!?母は、母さんは…私は…全部全部坊やのことを想って…!!」


「…一体どこの誰に何を吹き込まれたの?母さんに教えて、坊や。あの忌々しい小娘?それとも悪魔の方?でももう大丈夫よ、どんなものからでも母さんが守ってあげるもの、今まで怖かったわね。よしよし、私の可愛い坊や…。……私たちはずぅっと母と子、そうでしょう?坊や。………始めに言ったわ。貴方はただ、うんと頷くだけでいいと」

├→←├



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (1 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
設定タグ:終末戦記 , CS , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

元素(プロフ) - CS提出ありがとうございます!ま、ママ……でも私に振り向いてはくれない……知ってる…… 不備等ございませんのでこのまま受理させていただきます!今後も当企画をお楽しみください! (6月28日 20時) (レス) @page4 id: 656d2fa00c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:彼方。 | 作者ホームページ:http:/  
作成日時:2022年6月28日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。