占いツクール
検索窓
今日:11 hit、昨日:597 hit、合計:306,385 hit

第二十七訓 ページ28

.


その会議も終わり、気が付けば日も沈み、月が顔を出す時間帯となった。そろそろ花火もあがる頃だろう。



「すいません、ちょっと遅くなりました」

「テメェ仕事中だぞ!今までどこほっつき歩いてたんだ!!つーかどんだけ買ってんだよ!!」



今いる場所は将軍様が来られる祭りの会場。

自論だが、祭りは誰もが平等に楽しむべき行事であると思う。それが例え仕事中であろうとも。


祭りと聞けば流石の私もテンションが上がる。屋台の食べ物をコンプリートしようかと買いに出掛け、帰ってきたら第一声が土方さんの怒号だった。

そんな説教を左から右に聞き流し、クレープを食べる。美味しい、やはり王道のチョコバナナにして正解だった。


まだぐちぐちと煩い土方さんの話を遮り「そんなに食べたいならどうぞ」と、黙らせるため食べかけのクレープを土方さんの口に突っ込む。

また怒ると思いきや少しジタバタした後静かに食べていた。近藤さんにはベビーカステラを一個あげておく。



「トシ、総悟の奴がウンコしに行くっつったきり全然戻らないんだが」

「あの野郎またどっかでサボってやがるな」

「サボってんすかアイツ?信じられない、こんな大事な仕事の時に…」



小さい声で愚痴を言うと「チョコバナナ食べてる奴に言われたくねェ」と言い返された。



「土方さんもクレープ食べたくせに」

「お前が無理矢理食わせたんだろ!」

「トシ、他の誰を疑おうと構わんが仲間を疑うことは俺が許さん。俺は総悟を信じる。きっとウンコのキレがすごく悪いんだ。俺はそう信じたい!」

「そんな信じ方されるくらいなら疑われた方がマシだと思うがな…」


.

第二十八訓→←第二十六訓 警察は祭りの日も仕事篇



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (77 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
272人がお気に入り
設定キーワード:銀魂 , 女隊士 , 逆ハー   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

柊ひな(プロフ) - 黒華さん» 私の紛らわしい言い方で気を遣わせてしまいすみません…不快だなんて全く思ってないです!わざわざ応援までありがとうございます(泣) 更新頑張ります! (5月20日 17時) (レス) id: 3fe6b67371 (このIDを非表示/違反報告)
黒華(プロフ) - この間のコメントに不快を感じさせてしまっていたらすみませんm(*_ _)m物語シリーズを作者様が知っていたことが嬉しくて『おぉ!!』って思ったんです。銀魂な感じが出ている作風でとても好きです!これからも更新頑張ってください!応援してます! (5月20日 15時) (レス) id: 0ab52dedef (このIDを非表示/違反報告)
柊ひな(プロフ) - 黒華さん» そりゃ丸パクリして使われてたらゾワッてしますよね…笑 (5月20日 15時) (レス) id: 3fe6b67371 (このIDを非表示/違反報告)
黒華(プロフ) - 『後日談というか今回のオチ』というセリフが出てきてゾワッてしました!いい意味で笑 (5月19日 18時) (レス) id: 0ab52dedef (このIDを非表示/違反報告)
柊ひな(プロフ) - マダオさん» 世間一般的にはにわかかもしれませんが笑 物語シリーズ好きです! (5月19日 17時) (レス) id: 3fe6b67371 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:柊ひな | 作成日時:2019年4月6日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。