占いツクール
検索窓
今日:242 hit、昨日:839 hit、合計:103,120 hit

降谷さんとの出会い11 ページ11







アメリカについた次の日の深夜2時、私はエイトに連れられてマフィア壊滅組織の拠点に向かった。

「必要であれば、自己防衛として戦闘を行っても良いが、あくまでも組織の弾圧、包囲を目標とする。」
「……だってよ。守れるか?」
「勿論。」

クランのアジトは警備が手薄な朝に突入するらしい。つまり、あと4時間後。何度も確認が行われる。

「Hi,I'm Arthur. Nice to meet you.」
「Nice to meet you too.」

オンラインゲームで海外の人と英語で話していたのが役に立ったようだ。挨拶程度なら英語で交わせるし、相手の英語もそこそこ聞き取れた。

私が配属されたのはエイトと同じD班。今回の作戦では1番の安全地帯である。
私はこの組織では18歳ということで通っているが、こんなことができるのもエイトが若いながらに成績を残しているからだった。それにしても、幹部のエイトがこんな場所で待機するなんて。私に気を遣って、場所を変えてもらったのか?

敵と直接やりあえない位置にいても、そんなこのは関係ない。抜け出してしまけばこっちのものだ。

時間になり、マフィアのアジトに侵入し、持ち場についた。作戦は順調なようで、私たちD班は戦闘に駆り出される気配すらしない。

これじゃ困る。ただ捕まえるだけじゃ、私の気が晴れない。何かこの場から抜け出せる隙は無いものか。必死に探していると、エイトが右耳につけている無線機に触れたのが見えた。

「無線入った。ちょっと待ってろ。動くなよ。」

エイトはそう言うと、片方の耳を抑えて無線に集中した。にやり。口元が緩むのが自分でもわかる。
ここから逃げ出すチャンスは今しかない。
このアジトの地図は頭に入っている。腰に付けてある護身用の銃に触れて、あることを確認しエイトとは真逆の方向に走り出した。

「Aッ、てめぇ、どこ行きやがる!」

エイトの静止の声は聞こえないフリをして、アジトの中心部へと向かう。

何度か曲がり角を曲がったところで、すぐ先に男が2人話しているのが見えた。護衛、だろうか。
しばらく様子を伺っていると、男のうちの一人が持ち場を離れて行った。





降谷さんとの出会い12→←降谷さんとの出会い10



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (195 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3406人がお気に入り
設定キーワード:名探偵コナン , 逆ハー , 安室透   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

- とても面白いです。次の更新待ってます。 (3月27日 1時) (レス) id: aa9d607400 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - ウミルエルさん» ありがとうございます。 更新頑張ります。 (3月16日 1時) (レス) id: 630c05a5ee (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - レエンさん» ありがとうございます。ヒロインちゃんにはこれからも男たちに狙われていてほしいです。 美味しい展開に持っていけるようがんばります! (3月16日 1時) (レス) id: 630c05a5ee (このIDを非表示/違反報告)
ウミルエル - 面白い!次の更新まってます。 (3月9日 20時) (レス) id: a8e855356f (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - このシリーズとっっても大好きです! ヒロインちゃん可愛いです〜 これからもどんどん、周りのメンズたちを振り回し、振り回されて、全方位から狙われちゃってください! (3月2日 22時) (レス) id: b443800fde (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作者ホームページ:https://twitter.com/ninoma_e  
作成日時:2019年12月1日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。