占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:13 hit、合計:8,537 hit

104話 ページ8

「苦しいですよ、きっと。」



その男は私を芯まで見透すような目で射抜いた。
ぞわり、と全身が総毛立つ。叫ぶ私に近付いてきた時から変な雰囲気を纏っているなと思っていた。私の冷静な部分がそう静観していた。
その男は背も低ければ鼻も潰れたアジアンで、決して怖いだとか化物みたいだとか、そんなことを感じたわけじゃなかった。寧ろその見かけに冷静に点数をつけることすらできるくらい、拍子抜けするものだった。この男には威圧感が無い。
でも、何か変な感じなのだ。出したくても出てこないくしゃみのような、そんな異物感が私にはあった。



「死ぬほどの痛みはあっても死ねないんです。苦しむだけなんです。」



手にした白色のクスリはきっと私を幸せにしてくれると信じていた。だから買った。馬鹿にならない金も、私を満たすなら糸目をつけなかった。
私の足元の彼だって、きっと私を幸せにしてくれると思ったから手を取った。そんな幻想は最初だけだったけど、あの頃は楽しかったのよ。間違いなく。
ずくり、と私の手首に刻まれた古い傷が存在を訴える。ああまただ、と思った。私と周りの境界線のようにそこには明確な線引きがされている。私はそのラインを越えられないまま、その先の人たちに羨望の眼差しを向けることしか出来ないでいる。

私の意志は男に強く揺さぶられた。

幸せになりたかった。親みたいに、あの幼い子供みたいになりたくなくて、私は必死でもがいた。
苦しかった。苦しいのは嫌だった。苦しいくらいなら死んだ方がマシだった。でも死ぬのは怖くって、目の前の光る糸に縋り付いているうちに、同情や心配というものの心地よさを知った。

この男はどうだろうか。
私を哀れに思うのだろうか。

ぼうっとしていた。だからその男の顔がこちらを覗き込んでいたことに、私は全く気づかなかった。
視線がかち合ってはっとする。小さく飛び上がって距離を取ろうとした私だったが、その人が引き下がることは無かった。

ぐい、と寄せられて一気に間が詰まる。
その人の目はまるで猫みたいな光を灯していた。



「…苦しいのは嫌でしょう?そんなことをしても貴方の恋人が助けてくれたりはしないし、貴方の傷が癒えるわけでもない。」



ただただそこにあるのは苦痛のみだと、彼は言う。
黒くどろりとした何かが無理やり引きずり出されたみたいだった。

105話→←103話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (53 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
109人がお気に入り
設定キーワード:男主 , ヘタリア , APH   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

そうる(プロフ) - fさん» 本当に泣きました。ありがとうございます。がんばります! (4月20日 9時) (レス) id: e4ea35986a (このIDを非表示/違反報告)
f - 何度も繰り返しているからこんな素敵な作品になるんですね!この作品に出会えて、読むことができるなんて幸せ...最高.....!好きなのでどれだけ掛かっても大丈夫ですよ!頑張ってください! (4月17日 22時) (レス) id: 4ca17f9031 (このIDを非表示/違反報告)
そうる(プロフ) - fさん» f様、度々応援のお言葉ありがとうございます。自分は一度に一気に更新することが苦手で、何度も何度も編集を繰り返してしまうのですが、そのお言葉にとても救われました。ゆっくりにはなってしまいますが、これからもよろしくお願いします。 (4月17日 1時) (レス) id: e4ea35986a (このIDを非表示/違反報告)
f - 久々の更新でわくわく...!!気長に待ってます!頑張ってくださいいつも応援してます! (4月15日 2時) (レス) id: 4ca17f9031 (このIDを非表示/違反報告)
そうる(プロフ) - fさん» ありがとうございます!f様のような方々のお力があってこそ頑張れます。まだまだ作品は続いていくと思いますが、これからもお付き合いしていただければ嬉しいです。コメントありがとうございました。 (1月15日 10時) (レス) id: e4ea35986a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:そうる | 作成日時:2018年1月9日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。