占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:9 hit、合計:9,329 hit

107話 ページ12

「ねえ、頼むよ!どーしても人手が足りないの!」

「そんなの絶対お断りさ!」

「…なにがあったの…」



俺の目前で対峙する二人は先程から不毛とも言えそうな問答を繰り返していた。何故かアルフレッドが強く拒否するのをぼんやり眺めながら、話の相手であるマスターがこんなに必死な理由も考える。

学校が休みのアルフレッドが今日は朝早い時間から押しかけていたので、二人で朝食を、とでも準備していた時だ。勢いよく玄関の戸が鳴り、驚いて覗き窓を見るとそこに居たのはマスターだった。

俺は用意していた飯を一旦片付けるために台所に引っ込んだのだが、終わって戻ると既にこの光景が完成していた。よく分からないが、そうっとアルフレッドの隣に腰掛ける。



「別に一日くらいいいでしょ!借りるだけだから!」

「ダメに決まってるんだぞ!!Aだって行きたくないだろ!?」

「えぇ…!?」



二人だけでやり取りしていたからアルフレッドに用事なんだと思っていたけど、どうやら俺にも関わる事だったようだ。それなら話は変わる。
鬼気迫る顔で俺を凝視するアルフレッドを押しのけて、マスターにどうしたのかと問う。するとマスターは花開くように顔を輝かせて、涙ぐむ様子で俺の両手を握りこんだ。その勢いに若干引く。



「いやさあ、今日俺主催でシングルパーティ開くんだよ!だけどその料理担当が全員抜けちゃってさあ!」

「シングルパーティって?」

「…独身者のためのパーティだよ。出会いの場を作るやつ。」

「タチバナちゃんほら、料理するだろ!?そんなに凝ったものが作れなくてもいいんだ。下地とか食材切ったりとかしてもらえれば!」

「なるほど。」



話が進む度に力が入るその手。そしてにじり寄る顔。近い近い近い。体を仰け反らせるとアルフレッドが見かねて引き離してくれて助かった。そして思う。お前がっつり俺への依頼じゃねえか。何勝手に断ってんだ。

多少痛む左手を振りながら、事情は分かったと伝える。瞬間ほっとしたようなマスターに、さらに気になることを聞いた。



「でも、どうして俺なんです?貴方の知り合いならいくらでも料理ができる人なんて…」

「そりゃ信頼出来るからよ。仕事のパートナーとしても友人としてもね。それにね、案外みんな料理ってできないものよ?」

「料理くらい俺だって!」

「アルはぜっっっったいダメだから!」

108話→←番外編【記念リクエスト】



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (57 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
110人がお気に入り
設定キーワード:男主 , ヘタリア , APH   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

m(プロフ) - fです。いつでも気長に更新待っています! (11月13日 5時) (レス) id: 4ca17f9031 (このIDを非表示/違反報告)
そうる(プロフ) - fさん» 本当に泣きました。ありがとうございます。がんばります! (4月20日 9時) (レス) id: e4ea35986a (このIDを非表示/違反報告)
f - 何度も繰り返しているからこんな素敵な作品になるんですね!この作品に出会えて、読むことができるなんて幸せ...最高.....!好きなのでどれだけ掛かっても大丈夫ですよ!頑張ってください! (4月17日 22時) (レス) id: 4ca17f9031 (このIDを非表示/違反報告)
そうる(プロフ) - fさん» f様、度々応援のお言葉ありがとうございます。自分は一度に一気に更新することが苦手で、何度も何度も編集を繰り返してしまうのですが、そのお言葉にとても救われました。ゆっくりにはなってしまいますが、これからもよろしくお願いします。 (4月17日 1時) (レス) id: e4ea35986a (このIDを非表示/違反報告)
f - 久々の更新でわくわく...!!気長に待ってます!頑張ってくださいいつも応援してます! (4月15日 2時) (レス) id: 4ca17f9031 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:そうる | 作成日時:2018年1月9日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。