占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:20 hit、合計:17,179 hit

★3 ページ3

雅「俺の。」

あ「え?」

雅「俺のだもん。」


存在自体が大事なんだ。

腕ん中にAがいるってだけでどうしようもない感情が出てくる。

ドキドキして。

安心して。

慣れた感覚なのに新鮮に思えてくる。


あ「う〜ん。少しだけ緩めて欲しいかな。」

雅「え〜。なんでぇ〜?」


今めっちゃAの感触を堪能してたのに!

でも少しだけ力を緩めると

くるっと俺に向かい合わせになって


雅「は?うわぁ!」


思いっきり抱き着いてきた。

その弾みで俺の身体はベッドに倒れる。

つか・・・Aから襲われてる様なもんなんだけど?


ギュッと俺に抱き着いて


あ「私の!」

雅「え?」

あ「どんだけ忙しいの?どんだけ放置するの?誕生日がラインって一体何なの?」


いや…誕生日がライン、、、え?

あぁ!!


あ「今思い出した?今気付いたよね?」

雅「・・・ごめんなさい。」


あのさ!Aの誕生日忘れてた訳じゃないよ!

ライン送ったし。

でも。それだけで。忙しくて家にも帰れなくて。

プレゼントも準備してない。

つかそんな時間すらなかったって・・・俺どんだけなの?


あ「忙しいのはわかるけど。もう少し余裕を持った方が良いんじゃない?」

雅「はい・・・」

あ「はぁ。」


溜息を吐きながら腕を上げるけど・・・

絶対怒ってると思ってたのに。見えた顔はふわりと優しい雰囲気で。


あ「次のオフは構ってよね?」

雅「いつも構ってると思うんだけど・・・」

あ「いつも以上に。」


ほんっと!独占欲が強いお姫様。

でも。お姫様はこうじゃなきゃ。


時々ね。忙しくて構ってられなくて。

そんな毎日が続くと「ごめん」って気持ちはあっても現実は目の前の仕事でいっぱいいっぱいで。

Aの事まで考えらんない時もある。

そんな時。寂しいって思ってるって後になって気付くんだよね。

いつもコレの繰り返し。


なのに。チュッと俺の唇に触れてくる。


あ「今も。少しは構って。」

雅「我儘。」


そっと頬に触れる。

そのまま後頭部に手を滑らせてグッと俺に近付ける。


雅「覚悟してね。」


お腹空いてたけど。

今はAを満足させる方が先でしょ?


なんて思ってたのに。


あ「ストーップ!」

雅「えー!?なんで!?」

あ「先にご飯。食は大事です!」


ピシャリと言われたら。俺も従うしかない・・・

★4→←★2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (65 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
636人がお気に入り
設定キーワード:嵐、大野智、櫻井翔 , 相葉雅紀、二宮和也、松本潤 , LIFE   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

菜菜(プロフ) - sallysally67さん» 今回は一昨年の記事からヒントを得てますw 何を撒いたのかはまだ秘密ですw Part兇發茲蹐靴お願いします(^^) (3月24日 9時) (レス) id: a6c2e2ee1e (このIDを非表示/違反報告)
sallysally67(プロフ) - 今回も撒かれてるかな?あれか?これか!と、毎回読み終えると解析しちゃいます。解析というより妄想ですね。まーくんの休みをもらう状況のあれこれを妄想してます。彼が無理をするのはメンバーへの愛ゆえの気もするから何が起こってるの?と気になります。 (3月22日 13時) (レス) id: 0b5f112cc4 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:菜菜 | 作成日時:2020年3月22日 4時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。