占いツクール
検索窓
今日:127 hit、昨日:56 hit、合計:31,783 hit

*41 ページ42

Aside


次の日、私はいつの間にか寝ていた



目が覚めたのは、5時のことだった



……そういえば、昨日あれから何も食べてないし、お風呂にも入っていない




『シャワー……浴びるか』




うん、今日も普通に学校あるし




ぱぱっと浴びて髪を交わして、制服に着替えた私は6時に家を出る




コンビニのイートインでお弁当でも食べて行こう




夜から見てなかったスマホを見てみると、着信があった




京治からだ




連絡してなかった、心配かけた……かな



とりあえず、電話とライン気づかなくてごめん、と……




ラインを送信して、コンビニに向かう




これからの生活どうしよう



通帳にお金が無い分、1人で暮らすのはかなり大変だ




京治と京治のお母さんには…………やっぱり迷惑かけたくない




京治は、ああ言ってくれたけど、やっぱり……気が引ける




凄く嬉しいし、ありがたいんだけどね




「……!いた!!A!!」



……え?




『京治……!?なんで……』




なんでここに?




赤葦「はぁ……はぁ……なんとなく……Aが、学校に向かってる気がして」



『……コンビニだけどね』




赤葦「それでも!…………良かった。会えた。
すごく心配だったんだから」




『ごめん……』




赤葦「それで……どうだった?」




『全くダメだった…………でも、もう家は出るよ』



赤葦「え?」




『……やっぱりね、あの家にはいられない。
もちろん……京治の家にも』




赤葦「……は?!」




『気持ちはね、すっごく嬉しいよ。
ありがたいし……京治の家に入れたら……幸せなんだろうな、ってすっごく思うよ』



赤葦「ならいればいい」
『ダメなの!




やっぱり、私がいたらダメ……』




赤葦「……なんで」




『……わかんない。でも京治と一緒にいたら…京治が不幸になる気がして』




赤葦「Aといるんだから、不幸になんてならないよ」




『私といるからだよ……』



あの親がなにかするかもしれない。迷惑かけるかもしれない




そんなのやっぱり耐えられない




赤葦「それはないよ。俺は不幸なんてならない。もちろんAがいても。
Aがるだけで、俺は幸せなんだから」



『……っ、意味わかんないよ』




赤葦「泣かないで。
母さんも父さんも、Aのこと受け入れてくれるから。」





『…………っ』



あぁ、嫌だこんな自分



こんな弱くて面倒臭い私はほんとに嫌だ

*42→←*40



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (19 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
29人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

伊音(プロフ) - りんごさん» ありがとうございます!!頑張ります!! (2019年1月8日 12時) (レス) id: 1426a0c3d0 (このIDを非表示/違反報告)
りんご(プロフ) - すごく面白いです!更新頑張って下さい! (2019年1月8日 3時) (レス) id: 32fd0a93a6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆいゆい林檎 | 作者ホームページ:http:/  
作成日時:2018年12月9日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。