検索窓
今日:1 hit、昨日:1 hit、合計:402,895 hit

素敵な女性 ページ12

.




玄関先で、おじゃましましたと

お辞儀をする私に



父「今度は、みんなでゆっくりと食事でもしましょう」



「はい。」



修「その時は、翔さんのおごりでね」



『分かったよ、今度時間作るから』



母「Aさんも翔と一緒だと、
いろいろ大変だと思うけど、この子のことよろしくお願いしますね」



「はい!」




思わず元気に答えてしまった私の横で

翔ちゃんがクスリと微笑むのを感じた。





そんな翔ちゃんに控えめに視線を向けると

優しく細めた瞳が私を向いていた。




舞「私、車まで送ってくるね」




もう一度、翔さんの家族にお礼を言って

外へ出ると…。




.




.




車に先に乗った翔ちゃんを見て

舞さんが、そっと私にメモを渡してきた。




舞「これ私の携帯番号とメールアドレス。
今度、二人でゆっくりと食事でもしましょう」



「あの、えっ?…いいの?」


舞「今度、ゆっくり食事でもしながら…ね?」



「あ、ありがとう」



舞「翔にぃに知れると、またうるさいから秘密ね?」



右手の人差し指を唇に当てて

クスッと笑う舞さんは私よりも年下なのに

すごく優しくて素敵な女性だな、と思った。




「あとで、必ず連絡します」



舞「うん、待ってるね。
私、Aさんと仲良くなりたいし
女同士でのお付き合いってことで
これからもよろしくね」





そう言ってくれた、その瞬間。





色々と抱えていたものが

取り払われたように体が軽くなる。




「私も舞さんと仲良くなれたら、嬉しいです。」





舞「良かった〜、そう言ってくれて」と言って

翔ちゃんにそっくりな笑顔を見せる舞さんを見て

私までもが嬉しくなった。





思いがけず、新年早々に翔ちゃんの家族に会えて

死にそうなくらいに緊張したけど…。




こんな私を温かく迎え入れてくれた

翔ちゃんの家族に

本当に感謝の気持ちでいっぱいで

私は舞さんが見えなくなるまで手を振った。



.

最初で最後 Sho→←同じ名前



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (688 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
733人がお気に入り
設定タグ: , 櫻井翔 , ミイ   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

あい(プロフ) - 読めました^ ^ありがとうございます☆ハラハラ、ドキドキの展開です!また更新楽しみにしてますね!! (2014年9月11日 8時) (レス) id: c84aae0476 (このIDを非表示/違反報告)
ミイ(プロフ) - あいさん» あいさんこんばんは♪たぶん、今頃はもう読めたとは思うんですが…私も新章立ち上げた途端自分の作品を読めない状態で焦りまくりました(笑)。きっと、私の操作ミスですかね…すっかりこんな簡単な作業(?)もアタフタする私ですが、これからもよろしくお願いします♪ (2014年9月11日 0時) (レス) id: 9edb8f6016 (このIDを非表示/違反報告)
あい(プロフ) - こんばんは。いつも本当に楽しみにしてます☆更新のお知らせだったので、待ってましたとばかり読ませてもらおうとしたのですが、どうも次に行けないのですが、何か見方変わりました? (2014年9月9日 23時) (レス) id: c84aae0476 (このIDを非表示/違反報告)
ミイ(プロフ) - チェリーさん» チェリーちゃんこんにちは♪ これからの展開…きっとハラハラドキドキですよ(笑)サキさんにもしっかりと活躍してもらうつもりだから、また次の章も遊びに来てくださいね♪♪ (2014年9月8日 15時) (レス) id: 9edb8f6016 (このIDを非表示/違反報告)
ミイ(プロフ) - さくらさん» さくらさんこんにちは♪ 翔担の人は彼女が嫌いですよ…きっと(笑)。私もどんな時でも彼女がCMに出ると…「嫌い」とか言っちゃってるからね(笑)ここまで世の中の女性に嫌われてる彼女はある意味すごいなぁ…って尊敬しながらもやっぱりイヤだ…って思っちゃうよ (2014年9月8日 15時) (レス) id: 9edb8f6016 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ミイ | 作成日時:2014年7月11日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。