占いツクール
検索窓
今日:8 hit、昨日:6 hit、合計:9,910 hit

なんか寝た気がしねぇよ… ページ9

「………なぁ」


「ん?」


「作者が寝た気がしねぇって脳内でうるさいんだけど」



「作者黙れ」



煉獄さん!?冷たいけど、なんかいいね!!by変態作者



「「「きんっっも」」」←


ひどい!!by作者



「てか、そんなことより(そんなことより!?by作者)うるせぇ」


「そんなことより、ここら辺に鬼がよくでる…って聞いたんだけど……なんで、鬼の残骸のあとがあるわけ??」


「……わからん」


「うん、だから聞いてるのよね、煉獄さんよ」


「…んまぁ、いいや………とりあえず、不死川(兄)は俺と玄弥君は煉…杏寿郎と行動してくれ、いいな?」


やっっっっべ…煉獄っていいそうだったって言う前に、もう最初っから言ってんじゃん、だから足踏まれたわけか


「よし、それじゃあ不死川(兄)、行くぞ」



「……おう」



そんで歩き出して30分


大変です、緊急事態です


ん?何が緊急事態かって?それは……



「……こいつに近づくんじゃねぇ」


「フン、お前こそ俺の嫁に手ぇだすきか?」


「うん、俺錆くんの嫁になったつもりないわ」


え?なんで錆兎生きてるのかって?俺ね、錆君達と同い年でさ、そんで錆君むかっしからの幼なじみでね?あ、義勇もだよ?うん、でね?錆君ともう一人女の子いたんだけど、その子達を最終選別の時、あの手のうじゃうじゃしてるやつから守ったのよね、んで、その手のうじゃうじゃから二人を助け出して逃げたあ(長い!!!by作者


「つーか、この鬼の残骸って錆君殺 った???ねぇ?」


「ん?あぁ…たまたま俺もここに任務の急行があってな、柱も来るって言われたから人足先にと来たんだが…じゃんじゃんとわき出てくる鬼を倒していたらいつの間にかこうなっていた」



そう言うと、頬っぺたを指先ですこしかじる


いや、血濡れで言わないで!?怖いから!!!!


「………おい、狐面野郎」



「あ"?」


え?え??えぇ??こ、こ「「黙ってろ」」うっす


「なんで、てめぇは柱にならなかったんだ?富岡以上の実力があったはずだ」


なんて不死川(兄)が言うと、錆君はあぁ…と言った


「俺は、Aの夫みたいなものだからな」



「うん、違うね!兄弟見たいって言わない????」



「同じだろ」



「「同じじゃねぇよ」」



なんだこいつ?ド天然?それか確信犯か??お???

錆君!?やめよ!!?不死川(兄)もやめろや!!!喧嘩すんナァァァ!!!!→←とり合えず、不死川(兄)と煉「(にっこり)(煉獄」杏寿郎にげん…「(すげぇいい笑顔)(不死川(兄)」…もう、やだこいつら



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (45 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
95人がお気に入り
設定キーワード:男主 , 鬼滅の刃
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

るぅ(お豆腐) - けけっけ←大好きです!!おもしろくてね!!愛され度がちょうどいいっ!!!更新がんばってくんろ! (7月19日 21時) (レス) id: 97296c8ef5 (このIDを非表示/違反報告)
かなと - オリジナルフラグをお外し下さい (7月11日 3時) (レス) id: aa79e4e0f8 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ごり | 作者ホームページ:http:/  
作成日時:2019年7月11日 3時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。