検索窓
今日:1 hit、昨日:8 hit、合計:3,273 hit










騒がしい日々の中で、"感情"というものを無くした。








辛いのか…


苦しいのか…


寂しいのか。








僕は、自分の気持ちが分からなくなっていた。















______ありきたりな喜びを二人で見つけよう。
















そんな僕に、君はそう言って笑いかけた。



















原作:夜に駆ける(YOASOBI)









執筆状態:更新停止中

設定を行う場合はこちらをクリック






test

おもしろ度の評価
  • Currently 9.79/10

点数: 9.8/10 (42 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
7人がお気に入り
設定タグ:鬼滅の刃 , 時透無一郎 , 竈門炭次郎   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

廣岡唯 - 面白い続きが観たい… (11月6日 8時) (レス) @page5 id: 4e6dbece94 (このIDを非表示/違反報告)
華菜☆ - ももちゃんさん» 私、ももちゃんさんの作品大好きです!再投稿された作品、全然見ます!! (2020年8月5日 21時) (レス) id: 62a55065e1 (このIDを非表示/違反報告)
ももちゃん(プロフ) - そうだったんですね。ご指摘ありがとうございます。フレーズを変えて再投稿します。 (2020年8月5日 20時) (レス) id: 6feda0f9ad (このIDを非表示/違反報告)
華菜☆ - あの、、、すごく言いにくいのですが、作品を作るときのルールって読まれましたか?「歌詞はワンフレーズであっても著作権があります」と書いてあったと思うのですが、、、 (2020年8月5日 18時) (レス) id: 62a55065e1 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ももちゃん | 作成日時:2020年8月3日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。