占いツクール
検索窓
今日:371 hit、昨日:349 hit、合計:156,382 hit

百七十九話 ページ30

荷車から降り、既に城の正門の前に立っているテヒョン達の元へ向かう。






…いよいよだ。


ここに来る途中城下町を通ってきたけれど、そこに以前までの活気はなくて。

私達がこの国を離れてる間に、一体どれだけのことがあったのだろうと胸が痛くなった。









「一体、何の騒ぎだ!」








JM「!姫様、あれって…」





突然現れた私達に困った門番が呼んできた男にはとても見覚えがあった。

怪訝そうな顔をして現れたのは、ハン家の長男様だ。


JM「スンヒ…あいつほんと、どこにでも現れますね。」


うんざりしたようにつぶやくジミンに頷いて返す。

それはそうと、彼は私達三人の顔をよく知っているはずだから、見つからないように気をつけなければ。

ジミンと共に列の後ろに下がろうとして、あることに気がつく。





「「…ジョングクどこいった?」」


















TH「こんにちは。皇后のところまで案内してもらえる?」

SH「馬鹿なことを。
何者か知らんが、誰の許可あってこんなところまで押しかけてきている?」

JK「許可が下りなかったからわざわざこんなところまで押しかけてるんですよ。」


私達の心配をよそに、堂々とスンヒに喧嘩を売るジョングクに、ジミンと二人目玉が飛び出る。




JM「あいつ、馬鹿!顔知られてるのに…!」




以前の事を忘れてしまっているのか、テヒョンの横に出てスンヒに対峙するジョングク。




SH「!!なんだと!怪しいやつらめ!
お前達、こいつらを取り押さえろ!」



スンヒが言うや否や衛兵達が城から出てきて、一斉にテヒョン達の周りを取り囲む。



『お怒りのようだけどジョングクだってことは気づいてないみたいね。』

JM「あいつ、本物の馬鹿だな。」



とはいえ、私達は城の兵に完全に包囲されている状態。

せめてもっと話が通じる人間が出てきてくれていたらと、頭を抱える。





SH「ったく、ただでさえ隣国とのいざこざで場内が
殺気立っているというのに…。
まぁでも、この辺で曲者を捕らえたと皇后に恩を
売っとくのも悪くないかもしれないな。」




なにやらぶつぶつとつぶやいていたスンヒは、テヒョンに向けて、越に差していた剣を抜く。




SH「お前も時機が悪い時に来た。
今この城は厳戒体制で、お前みたいな素性の知れないものは門前払いなんだ…よ!?」




スンヒが言い切る前に、キンと鉄をはじくような音が響いた。




SH「な、なんだ!?」

百八十話→←百七十八話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (393 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1756人がお気に入り
設定キーワード:BTS , 防弾少年団 , 韓ドラ   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Agust d(プロフ) - この作品のなかで本当にジミンさんは男らしくて、一番大好きな存在です。 続編のようなものが出るのを楽しみにしています! これからも更新ファイティンです♪ (3時間前) (レス) id: fea73733b9 (このIDを非表示/違反報告)
Agust d(プロフ) - 皆が幸せになったはずなのに、そうじゃない気がして心が締め付けられました。 テヒョンさんとの別れやグクとの再会のシーンでは私の涙は、ギリギリ耐えていましたが、終幕のジミンさんの言葉にやられました (3時間前) (レス) id: fea73733b9 (このIDを非表示/違反報告)
ミロ(プロフ) - ふうちゃんさん» ふうちゃん様 恐れ多すぎるお言葉ありがとうございます( ; ; )少しでも心に届いたのならとても嬉しいです!(o^^o)昔のお話とかっていいですよね〜!愛情表現がまっすぐというか。そういうのが書いてて楽しかったです!素敵なコメントありがとうございました(^^) (10月9日 23時) (レス) id: 5bc7eaedbd (このIDを非表示/違反報告)
ふうちゃん - なんかこんなにすごい作品は見た事がないって言うかどうやったらこんなに人を感動させる物語が創れるんだろう?って思いました。私も昔のものとかが好きなのでほんとに言葉では表現できないくらい大好きです!やっぱ美しい恋の物語はどんなものでも輝いてますよね! (10月6日 10時) (レス) id: 53a2d88048 (このIDを非表示/違反報告)
ミロ(プロフ) - NAKOさん» NAKO様 素敵なお言葉をありがとうございます。長いお話なのに、全て読んでくださってとても嬉しいです!大好きだなんて…!まだまだの作者ですがとても励まされました!(^^)私もこのお話はいつか番外編を書きたいと思っているので、その時はよろしくお願いします! (10月2日 22時) (レス) id: 1aa4b97c0a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ミロ | 作成日時:2019年8月17日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。