占いツクール
検索窓
今日:214 hit、昨日:1,035 hit、合計:133,055 hit

9.つづき ページ9

可愛いなぁ。助かる。

今までは辛くても、

どれだけしんどくても自分で学校に電話して、

自分で動いて薬とって、ってしてたのに。


独りじゃないって、すっごくいいことなんだね……

私はそんなことを考え、

せんにもらった薬を飲み、意識を手放した。





唇に違和感を覚えて、目が覚めた。

ゆっくり目を開くと、

「あっ!A起きたでうらさん!!!」

「ほんとか?!」

「くそー……」

「ということは、このセンラがA王女の王子様というわけですね」


……ちょっとついていけない。

「なんの話?」と尋ねると、

4人は白雪姫ごっこをしていたとの事。

そして、せんが口づけをした時に私が目を覚ました……。


「なるほど」

「さぁ、A。せんらと結婚しよう」

「なんでやねん」


エセ関西弁でなんでやねんって言われた!

と嘘泣きをしだすせん。

それを見て爆笑するしまさか。

そして呆れたような目を3人に向けるうら。


「みんな可愛いなぁ……」


思わず考えていたことを口に出してしまう。


すると、うら、さか、せんの顔が赤にそまった。

しまは私に背を向けている。


「…?」

なんでそれだけで照れるんだ?

私の言い方が悪いのか?



そんなことを考えていると、

背を向けたままのしまが、


「Aはもっと自覚せなあかん」

「せや。ほんまに」


しませんが意気投合してる。どしたの。


「…はぁ。で、A熱は下がったか?気分は?」


うらに言われてようやく気づいた。そういえば治ってる。


「みなさんのおかげで治りました。ありがとうございます」


「よくできました」


……いやいやなんで私がうらに頭なでられるんだよ。


まぁいいけど。


私は襲ってきた眠気に耐えきれず、またもや深い眠りにおちていった。

10.サービス→←8.風邪



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (154 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
598人がお気に入り
設定キーワード:浦島坂田船 , 歌い手 , 短編集
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

かふ - 東京特許許可局局長@ラさん» 検討してくださるんですか!?ありがとうございます!他の作品もあるので面倒臭かったら大丈夫ですよ!!これからもガンバです!!!!! (3月25日 22時) (レス) id: c172b12d8c (このIDを非表示/違反報告)
東京特許許可局局長@ラ(プロフ) - 亀さんさん» わーい!ありがとうございます!! (3月25日 19時) (レス) id: 57ff3c7e95 (このIDを非表示/違反報告)
亀さん - 完結おめでとうございます〜!他の作品も見ます!頑張ってください! (3月25日 17時) (レス) id: 6071deca71 (このIDを非表示/違反報告)
東京特許許可局局長@ラ(プロフ) - ともか@推しが尊い連盟さん» ありがと!やったー!! (3月25日 7時) (レス) id: 57ff3c7e95 (このIDを非表示/違反報告)
東京特許許可局局長@ラ(プロフ) - かふさん» コメントありがとうございます!番外編かー!いいかも()検討してみます!! (3月24日 22時) (レス) id: 57ff3c7e95 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:東京特許許可局局長 | 作者ホームページ:http://commu.nosv.org/p/skrnun  
作成日時:2020年2月13日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。