検索窓

学校に行きたくない。




最初こそ抵抗があっても慣れれば不登校なんてなんも問題なんて無い。




他人を気にかけなくて良い。




誰にも邪魔されない一人の時間。




なのに、、なのに!!






「おーい問題児。学校来い。」





『、、、またお前か。』



!あてんしょん!
・これは某ゲーム実況者様の二次創作となっております。ご本人様とは一切関係ありません。
・掛け持ちです。グダグダです。
・作中、不登校などの表現が使われます。ご注意下さい。

本作品にはパスワードがかかっています。
パスワードを入力して作品を閲覧して下さい。
パスワードが不明の場合は作者の方にお問い合わせ下さい。
 パスワード:  
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2022年11月12日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。