占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:15 hit、合計:216,242 hit

11話 ページ12

先生に抱きしめられている間がとても長く感じた。

そろそろ離れてもらわないと…私の心臓がもたない…

きっと先生には私の心臓の音が聞こえているだろう。

「___!」

「__」


モニターの中から皆の騒ぐ声が聞こえた。


先生はようやく私から離れ、面倒くさそうに頭をかく。


モニターには教室と皆の姿が映っていた。


沢山のモニターの中にいろいろな映像が映る。

監視してるんだ。

先生は生半可な気持ちでやっているじゃないと強く思わされた。

先生はこちらを見てシーッと人差し指を唇に当てた。


そして目の前のマイクのスイッチを押した。


柊[助けを呼ぼうとしても無駄だよ?
その窓は外からだと中の様子が見えないようになっている。]


諏訪「なんでうちらのことが…」


逢沢「あ、これ!」


茅野「カメラ…」


皆一斉にカメラを見る。
画面上だから皆の表情が良く見えた。


柊[皆のことがよーく見えるよ?]


諏訪「チッ、」


柊[はい諏訪、今の舌打ちは誰に向けてかな?]


柊[ちなみにこのカメラは高いから、壊したらペナルティだぞ〜?]


モニターを見ながら楽しそうに笑う先生


甲斐「おい!Aは!お前Aに何もしてねぇだろうな!」


モニターに焦った隼人が映る。


柊[ふーん。甲斐君やっぱり幼なじみのこと心配なんだねー。]


甲斐「っ…チッ。」


幼なじみのことをからかわれてムカついたのか、隼人は下を向いた。


私の胸が少しチクリと痛む。




ピリリリリ


柊「あ、電話だ。A教室戻ってていいよ?」



『はい…ありがとうございました。』


柊「礼を言うのはこっちの方だよ。」

と、私の頭を撫でて電話に出る。



邪魔にならないようにそっと準備室を出た。

12話→←10話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (309 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1285人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

夏稀 - とても面白かったです!続きが気になりすぎます!更新頑張ってください! (1月14日 16時) (レス) id: 2c5245a4fc (このIDを非表示/違反報告)
- とても面白いかったです!続きが気になるので更新頑張ってください! (1月14日 14時) (レス) id: 52b2f1d4d3 (このIDを非表示/違反報告)
ちょん - これからも楽しみにしてます! (1月13日 18時) (レス) id: da8927da21 (このIDを非表示/違反報告)
ちょん - とても面白いです! (1月13日 18時) (レス) id: da8927da21 (このIDを非表示/違反報告)
紅樹(プロフ) - この後の続きが気になる ドキドキする 更新頑張ってください!! 応援してます! (1月11日 21時) (レス) id: 52bf6e1e8e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:めみ。 | 作成日時:2019年1月9日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。