占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:0 hit、合計:1,249 hit

ページ8

ミヤビ)
クルーウェル先生、トレイン先生の所へ行きます。

クルーウェル)
気を付けて行くんだぞ。

私は覚えたての職員室への道を急いだ。

ミヤビ)
トレイン先生、お待たせしました。

トレイン)
では行くとしよう。

次はトレイン先生の授業。歴史の授業らしいのですが、今日は特に手伝う事もなく生徒と一緒に聞いていて良いらしいので、片隅で受けさせて貰うことにした。

トレイン)
授業を始める。ミヤビ、挨拶なさい。

ミヤビ)
今日…から、お世話になります……ミヤビです。よろしくお願い致します。

とは言うものの、まるでちんぷんかんぷんな私は、先生の話す事を速記でノートに書き写していました。それを隣で見ていた赤い髪の毛の小柄な生徒が、話し掛けてきた。

??)
キミは……トレイン先生の話す事を書き写しているのかい?

ミヤビ)
はい。後で、調べようと思いまして。あの…どちら様ですか?

リドル)
僕はリドル。よろしく頼むよ?

ミヤビ)
リドル、さんですか。よろしくお願いします。と言うか、話なら後にして頂いても?

リドル)
あ、あぁ…。

リドルside
彼女の指から紡ぎ出される文字の美しさに僕は見惚れていたんだ。スラスラとノートに現れる文字は誰が見ても読める、ハッキリとバランスの取れた素晴らしい物。彼女が僕の寮に来てくれるなら、一緒に規律を指導してくれるに違いないと思っていた。

リドルside終わり

トレイン)
居眠りをしていた生徒は分かっている。

トレイン先生の授業が終わった。ノートを持ってトレイン先生の後ろに着いて教室を後にする。

トレイン)
ミヤビ、分からない事だらけだったんだろう。

ミヤビ)
そうなんです…魔法?が分からないので。後で調べに行こうと思っています。

トレイン)
まぁ、歴史位は知っていて損はない。分からない事があれば何時でも教えよう。

ミヤビ)
ありがとうございます!

私は職員室に帰ると、トレイン先生に奥の部屋に案内され自分の居場所を与えられた。学園長先生が用意して下さったと聞いて、本当に感謝しかないです。

トレイン)
何か他に足りない物があればクロウリー……学園長に云うと良い。

ミヤビ)
ありがとうございます!それでは1度失礼致します。

トレイン先生を見送ってから与えられた部屋を改めて見回すと、ベッドにクローゼット。窓辺に勉強机、シャワールームに小さなキッチン、トイレ迄一通り揃えられていた。

・→←補足



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 5.5/10 (4 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3人がお気に入り
設定キーワード:ツイステ , クルーウェル , クロウリー
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:iceblast5 | 作成日時:2020年12月2日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。