占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:14 hit、合計:3,046 hit

7 ページ9

「きゃっ」
「うわっ」

その声とともに、しりもちをつく二人。

「星空さん、大丈夫!?」

「健ちゃん、平気?」

それぞれに駆け寄るさくらと光黄。

「俺は大丈夫やけど、君は大丈夫なん?」

という健水の声掛けなど耳にも入れず
散らばったカバンの中身を拾うと
彼女は走って部屋を出て行った。

「感じ悪くない?」

という光黄の言葉に

「大目に見てあげてください。
かなり怯えていたので」

絵美が答えると、絵美は自分の手をぎゅっと強く握った。

その手にそっと咲子の手が重なる。

「もしかして、さっきの子が言うてた転校生?」

「そうです。頑張って、ここまで来てくれたんです」

「そうかぁ…なんか悪いことしたなぁ…」

「健ちゃん、何も悪くないじゃん」

「でも、女の子にぶつかってんで?
男として、怪我させるようなことはさせたら…」

それまでスラスラ話していた健水の言葉が詰まった。

「どうしたんですか?」

さくらが問うと

「これ、俺の生徒手帳ちゃうで?」

「この学校の生徒手帳は全生徒、見た目が
同じですから間違えちゃったんじゃないですか?」

全校生徒が持っている紺色の生徒手帳には
金色で校章が書かれている。

自分のものとわかるように
シールなどを貼る生徒もいるが
校則で禁じられているため
そうしている生徒は少ない。

「それで、誰の生徒手帳?」

光黄が健水に問うた。

8→←6



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.5/10 (6 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
8人がお気に入り
設定キーワード:風男塾 , 愛刃健水
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

星空宇宙(プロフ) - すぐ帰るとことか同じ過ぎる (12月5日 21時) (レス) id: 4c7289b17b (このIDを非表示/違反報告)
星空宇宙(プロフ) - 今の私の現実と同じすぎて奏音ちゃんの表現力に鳥肌たったしめっちゃ跳び跳ねてる! (12月4日 19時) (レス) id: 4c7289b17b (このIDを非表示/違反報告)
星空宇宙(プロフ) - 奏音ちゃんありがと( *´艸) (12月4日 19時) (レス) id: 4c7289b17b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:空井 奏音 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2020年12月4日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。