占いツクール
検索窓
今日:166 hit、昨日:97 hit、合計:96,661 hit

60 ページ13

*



太輔さんはどうして北山さんの事、気づいたんだろう。

帰りの車の中でも太輔さんは優しくて、"早く好きになって"って言ったけど

焦って答えを出して欲しいわけじゃないって言ってくれて。

私は二人の優しさに甘えてて、なんだか情けなくて涙が出てきたけど、

この涙を太輔さんには見られたくなかったから、こっそりぬぐった。








帰る頃には22時過ぎてたから、太輔さんはうちまで送ってくれた。

さすがにこの時間は親も出てこないだろうし、なんなら寝てる。


「今日はありがとうございました。すごく楽しかった」

「俺も。またどこか行こうね」


はいって返事をして、もう一度お礼を言って車をおりようとドアノブに手をかけると

ちょっと待ってって言う太輔さん。


「キスしたい」


ってストレートに言われて急に恥ずかしくなった。

だって今までそんな事言わずにしてきたのに。


「ダメ?」


ダメじゃないよ……

と思ってたら、ちょっと周りを気にしてキョロキョロしたあと、

私の返事も待たずに唇を重ねてきた。

さっきの優しいキスとは違って、いきなり舌を絡ませる激しいキス。

太輔さんの熱い思いが伝わってくるような。

何度も角度を変え、時折わざとリップ音を立てて…

太輔さんの本気のキスにどこまで応えていいのかわからなくなる。






一度唇を離した太輔さん。


「本当はこのまま連れて帰りたい」


って言って、また深く口付けてくるから、もう私も何も考えられなくなってくる。

今度こそ私から離れた太輔さんが、止まらなくてごめんなんて謝るから、私は首を横に振った。


「あそこのお嬢さん、車の中であんなふしだらな事してって、ご近所さんに思われないかな」


ってちゃんといつもの雰囲気に持っていく太輔さん。

わたしは思わず吹いてしまった。


「誰もいないから、きっと大丈夫ですよ」


そしていつものように頭をぽんぽんってして、またねって言う。

車からおりてバイバイって手を振り、見えなくなるまで見送った。

61→←59



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (259 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
778人がお気に入り
設定キーワード:Kis-My-Ft2 , 北山宏光 , 藤ヶ谷太輔
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

mai☆(プロフ) - あおちゃんさん» ありがとうございます!メッセージ送りますね! (3月19日 12時) (レス) id: bb8f1aa1ff (このIDを非表示/違反報告)
あおちゃん(プロフ) - パスワード教えて頂きたいです!お話しとても良かったです!よろしかお願いします^ ^ (3月19日 2時) (レス) id: 4358851d17 (このIDを非表示/違反報告)
mai☆(プロフ) - ゆずさん» メッセージ送りますね! (3月17日 23時) (レス) id: bb8f1aa1ff (このIDを非表示/違反報告)
ゆず(プロフ) - パスワード教えて頂きたいです!よろしくお願いします! (3月17日 22時) (レス) id: 43ef1bec47 (このIDを非表示/違反報告)
mai☆(プロフ) - あーたんさん» ありがとうございます!メッセージ送りますね! (3月7日 11時) (レス) id: bb8f1aa1ff (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:mai☆ | 作成日時:2019年12月30日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。