占いツクール
検索窓
今日:61 hit、昨日:316 hit、合計:248,714 hit

04:Hermanus ページ15

深澤「うぃーっす」
sh「いらっしゃ…何だふっかか」
宮舘「あれ、今日は仕事は?」
深澤「非番〜」
sh「珍しいね」
ランチも終わりかけ、という時間。
私服姿の深澤はカフェに入るといつもとは違うカウンター席に座った。

宮舘「もうランチ終わりなんだけど」
深澤「コーヒー頂戴」
宮舘「…はいはい。…翔太、先に上戻ってて」
sh「休憩?やったぁ」
宮舘「うん、すぐ行くから」
ニコニコしながら居住スペースへと戻っていく翔太を見送って、深澤はコーヒーを入れている宮舘に声をかけた。

深澤「今年はどうすんの」
宮舘「…行くよ」
カウンター席に座り、深澤がコーヒーを頼む時。
決まって話すのは「あの時」関連の話だった。

深澤「…もう3年?」
宮舘「うん」
深澤「やだなぁ。時代の流れって早いね」
宮舘「…そうだな」
深澤「舘さんがいない軍にも慣れちゃった」
宮舘「慣れてなかったら逆に困るよ。はい、コーヒー」
コーヒー丁度1杯分の時間。
2人が「その事」を話すのはそれだけの時間だ。

宮舘「…あの写真、まだ持ってんの」
深澤「うん。大分色褪せちゃってるけどね」
宮舘「そりゃあ新式初期のカメラでしょ?もうセピアになってるだろ普通」
深澤「なってるなってる」
宮舘「見せて」
深澤「ん」
ポケットに入れていたらしい写真を受け取り、久しぶりの「それ」に目を細める。

宮舘「…懐かしいな」
深澤「今年も、ちゃんとお休み取ったから、俺も照も。3人で行こう」
宮舘「…うん」
深澤「ちゃんとお菓子も持って行ってさ」
宮舘「また沢山作らないと、あいつすぐ拗ねるからな」
深澤「確かに。本当、5歳児みたいだよね」
宮舘「昔から変わんないからなぁ」

そうして写真を、「軍服を着て撮った4人での写真」を、深澤に返す。
コーヒーカップは空になっていた。
深澤「はい、これ代金」
宮舘「丁度だね」
深澤「うん。…じゃあまた、」

深澤「「翔太の命日」の日に」

*→←*



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (357 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
919人がお気に入り
設定キーワード:Snowman , 雪男 , ファンタジー
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

milkmilkmilk723(プロフ) - 最近このお話を見るために占ツク開いてます!更新応援してます、コロナで騒がれていますがお身体ご自愛ください! (4月8日 21時) (レス) id: 2c3c24b282 (このIDを非表示/違反報告)
I-RISA(プロフ) - Twitterも拝見致しました!お話し繋がってるんですね!続きがとても楽しみです! (4月8日 16時) (レス) id: 52da8c48f6 (このIDを非表示/違反報告)
パスタ好きのさらさん(プロフ) - 湊都さんのお話、面白くて全種類読ませてもらってます!最近の更新で、あれ、もしかしてこれ軍パロの時の繋ぎ…?という期待が膨らみつつあります笑 面白いです、更新応援してます! (4月3日 16時) (レス) id: b898e8ff1d (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:湊都 | 作成日時:2020年3月30日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。