占いツクール
検索窓
今日:45 hit、昨日:10 hit、合計:9,960 hit

ページ30

しおり・他メイド「美味しくなぁれ、萌え萌えキュン♡」

客「キューーーーン♡」









あっという間に時間はたち、勤務時間に。









しおりは初めの方は恥じらいがあったものの、

楽しくなってきたようで、ノリノリでこなしていて。









一方私は、フリフリなメイド服なんてものはもちろん、

こんなカラフルな空間、男性客の多さ、

なによりにゃんにゃん萌え萌えキュンキュン言う他のメイドに耐えられず

ひたすらに担当客に愛想笑いをするだけ。









もうやだ…帰りたい…あの時の私は馬鹿だったんだ、少しの興味なんて持ってしまったから…

ああ、面接断ればよかった…









しおり「ほら何やってんのA!

そんな怖い顔してたら可愛い顔が台無しだよ?

スマイルスマイル!」









「もう無理、帰りたいよしおり…」









しおり「もー。そのうち慣れるって!

恥ずかしがり屋さんなんだからぁっ♡」









そう言って私の脇腹を小突くしおり。









はぁ、もう…味方なんてこの空間に誰一人居ないんだ…









しおり「真面目な話、これから続けるなら本当に慣れなきゃ。

一応お給料っていうお金も貰うんだから、それなりにしっかり働かないとだよ?」



「え、しおりが珍しくまともな事言ってる」


しおり「ひどいなぁ!まあさ、ほら。

みんな初めは恥ずかしかったって先輩達も言ってたけど、

吹っ切れたら意外といけるってよ?」

「んー、吹っ切れる、かぁ…」









それが出来てたらもうこんな苦しい思いしてないよ…


と言いたいのもあるけれど、確かにそうなのかもしれないって少し思う自分もいる。









「仕事、って割り切れば、恥ずかしくなくなるかな?」

しおり「うん、恥ずかしくなくなるよ!

それにほら、Aが可愛いからみんなAのこと見てる。自信持ちなよ!」









うわ、ほんとだ。

今までしたばっか見てたから気づかなかったけど、

みんな私の事見てる…うわ余計にやりづらい…

でもそうだ、しおりも言ってくれてることだし、

お金もらうんだもん、しっかり働かないと!









「もうこの際どうにでもなれ!!」

しおり「お!いいぞA!その意気だにゃん!」

「にゃん!にゃんにゃん!!!」









私はこの時から

いい意味で、一皮むけた。←

…→←…



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.4/10 (17 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
148人がお気に入り
設定キーワード:SUPER★DRAGON , スパドラ , 松村和哉
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:咲希(ソヨン) | 作者ホームページ:   
作成日時:2019年3月26日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。