占いツクール
検索窓
今日:358 hit、昨日:737 hit、合計:498,598 hit

66. ページ17

.




俺の仕事中、Aがベンチに座っていると、何人か仕事場の奴らがAのことを見てニヤケてたり近づいていこうとしてその度にガンを飛ばした。


休憩になってすぐにAのところへ行き隣に腰を下ろした。



明智「大丈夫?」

「全然。見られるくらい、どうってことないって笑」



そう笑って言うけど、その意味は重い。



明智「…そっか。」



そのとき、俺らの後ろからまた男が声を掛けてきた。



明智「あ?」



そう言って振り返ると、そこにいたのは、東条、若林、田中だった。


俺もAも驚いて言葉に詰まる。


そして、東条らはAがいたことに目を丸くした。



田中「…(人1)…?」

東条「…A……なにしてんだよ、」

「今日仕事休みだったから…」

東条「仕事って、なんの仕事してんの??最近夜すれ違うこともないし、心配なんだよ」

「……」

明智「ってかそんなことより、なにしにきたのか言えよ」



内容を聞くと、原田が俺を呼んでるから来いというものだった。



明智「来てくれって、何すんだよ?行って」

田中「俺たちも行って何するかわかんないけど…」

明智「はぁ…教師ぶんなよ。俺らやめてんだから。行くぞ」



Aの手を引いて行こうとすると、



田中「お前らの退学届はまだ受理されてない!お前はまだ生徒だぞ!」



そう呼び止められる。



明智「あ、そう。でも行かねえよ。」



まだ受理しないとか、学校もしつこい。

自分に関係ないことなんだから、さっさと切ればいいだろ俺らのことなんか。

67.→←65.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (321 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2424人がお気に入り
設定キーワード:俺スカ , 明智秀一 , 永瀬廉
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

# 永瀬 結海 - いつも、更新楽しみにしてます! 頑張ってくださあい !! (7月4日 19時) (レス) id: bce38eef0d (このIDを非表示/違反報告)
barumi(プロフ) - 愛美さん» ありがとうございます…!!( ; ; )不定期な更新で申し訳ありません…! (7月1日 23時) (レス) id: a3ada5e282 (このIDを非表示/違反報告)
愛美(プロフ) - 続きが気になります! (6月23日 13時) (レス) id: 337efc6262 (このIDを非表示/違反報告)
いっちー - 続き見たい! (6月16日 7時) (レス) id: 2169c2a8bd (このIDを非表示/違反報告)
愛美(プロフ) - この作品面白いですね!夢主ちゃんも救われますように! (6月14日 9時) (レス) id: 337efc6262 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:barumi | 作成日時:2019年6月2日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。