占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:123 hit、合計:44,066 hit

常磐36 ページ37

こっそりと耳にしたことやった
グルッペンとトントンの会話
気にしてたあの子の事

「俺の家で生徒会の仕事を手伝ってもらおう」

日にちから時間まで事細かく聞いた
盗み聞きは…勿論気が引けたんやけど

後輩が入学してきてから約三ヶ月
もうすぐ夏休みというところ
偶にコネシマやゾムから
Aちゃんのことを聞かされる
仲良うやってるようやった

俺もそれなりに気になっていて
最初にちゃんと見たのは
あの子が気絶して
トントンの腕に抱えられていた時

…話してみたいと思った
でも、軽率には近づけんくて
最初の時のトントンを見てたから
二の舞にはなりとうなかった

そこでグルッペンの家での事だ
これ以上のチャンスはあらへんやろ
偶然を装って…行こう



チャイムを鳴らせば
慌てて出てきたグルッペン
そしてこう応えた

gr「…今日はエアコンの調子が悪いんやわ。涼みに来たってんなら他ん所に出かけた方がええで」

os「ちゃうよ〜ちょっと教えて欲しい所があるだけやで」

gr「明日でも構わないか?」

どうやら頑として俺を入れたく無いらしい
そらそうやわな…

os「…嘘はいかんで?」

静かに告げれば低い呻き声を出す
ただ単に、俺が自宅に居たくないから来た
とでも思ったんやろうけど…
俺の狙いがわかった途端、大きな溜息をついた

gr「…どこで知ったん」

os「アンタらが無防備に話してるからやで?…盗み聞きは悪う思っとるわ」

gr「嫌われても知らんからな」

渋々と俺を中に入れた
ん?あぁ勿論、心中は穏やかじゃないで
ドキドキワクワクやわ

少し疲れた表情のグルッペンが
部屋の扉を開けて中に入った
続けて入れば、目を見開くトントンと
Aちゃん

彼女の目の前に机を挟んで座れば
トントンが俺の後ろに回ってきた
俺は静かに言葉を紡ぐ

os「初めまして、俺はオスマン。生徒会役員やで」

そう告げれば
黒い綺麗な目を更に見開く
チラリと後ろに視線をやっていた
…怖がってるん?

少ししてから『冬野A…よろしく』
と返ってきた

それには流石に驚いた
何とかして絞り出したんは恍ける言葉で
しかもAちゃんと呼んでもええと言う

人と近づく、という事では
今までで一番嬉しかったかもしれない

グルッペンとトントンが凄い喜んどる
前までとは大違い…成長した…と言う

話しかけるタイミンクは
バッチリだったらしい

透明37→←透明35



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (40 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
115人がお気に入り
設定キーワード:逆ハー , 男装 , 我々だ,wrwrd
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

志麻セン寄りのcrew - いえいえお役にたてたなら良かったです!! (6月13日 7時) (レス) id: e4b55a25ee (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 志麻セン寄りのcrewさん» はっ!間違ってました!教えていただき、ありがとうございます!!う (6月13日 7時) (レス) id: 72381179a9 (このIDを非表示/違反報告)
志麻セン寄りのcrew - 透明0男は僕にいつも処理させられたなんですけど僕は男にいつも処理させられたじゃないですか? (6月13日 7時) (レス) id: e4b55a25ee (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: x他2人 | 作成日時:2019年6月3日 3時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。