占いツクール
検索窓
今日:238 hit、昨日:372 hit、合計:263,278 hit

百六粒 ページ19

.





「ふぁ…」






みなさんおはようございます。




Aは今起きました。








昨日は結局夜遅くまでお酒に付き合いました。

さとみさんは無事お帰りになりましたよ。









…まぁ、頼られてるのかなぁ。




なんて、思ったりして。









ぐっと背伸びをしてテレビをつけた。






朝のニュースを聞き流す。









「続いてのニュースです…」









一人暮らしは寂しいものだから。




ただ付けているだけでいいのだ。









そしてこのニュースも聞き流すことにしていた。









「…昨夜、被害にあったのは都内の大学に通う女子大生とのことでした」









しかしそのニュースは私の関心をひいたのだった。









あまりにも私と重なる条件。




最近物騒だと聞いてはいたが通り魔が出たらしい。








恐ろしい世の中だ。




どうやら夜出歩いている女子大生を狙った事件が多いようで。









「バイト…もっと減らすかな…」






今も前に比べ減らしている方だが用心するに越したことはない。



ほら、あの夜のカフェのバイトは辞めたし。








でも、ちょっとシフト減らしてもらおう。







そう思いまた朝の支度を続けていると電話がなった。








_もりさん







着信相手の名前を見てすぐに電話を取った。








「もしもし、どうされました?」








朝から電話するなんて珍しい。


だなんて思いながら相手の言葉を待つ。








するの相手からは意外な言葉が返ってきた。








「…はぁ、良かった生きてた…」








なんて物騒な。








すると彼は「いやー、ニュースで女子大生が通り魔に刺されたって聞いて」と、安心したようにため息を漏らした。









心配、してくれてた。







その事実に頬が緩みつつ彼には気丈に振舞った。








「大丈夫です!そんな心配しなくても夜はニートしてますよ!」






と冗談めかして言う。









でも彼は「うーん、そうだよなぁ…」








とかってブツブツと言っている。








「もりさん?」








よく聞き取れずに聞き返すと彼は何でもないと電話を切ってしまった。






どうしたんだろう。






少し気になったがこれ以上モタモタしていると一限に遅れてしまう。





私は身支度を進めた。






.

百七粒→←百五粒



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (302 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1286人がお気に入り
設定キーワード:すとぷり , さとみくん , るぅとくん
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

しゅうく(プロフ) - ゆあもんさん» ゆあもんさん…!!神ではないですよ!?でも頑張りますね!ありがとうございます!! (5月17日 11時) (レス) id: 547af1fa67 (このIDを非表示/違反報告)
ゆあもん - しゅうくさん神ですか?私毎回読ませていただいてます!もうねこの作品は神です!これからも応援するので頑張ってください! (5月9日 12時) (レス) id: 9253ce94df (このIDを非表示/違反報告)
シキ(プロフ) - しゅうくさん» 全然です!!ご自分のペースで更新されてください!いつまでも待ってます! (4月20日 14時) (レス) id: 3de2eab1b1 (このIDを非表示/違反報告)
あやの♪(プロフ) - しゅうくさん» 応援してます!(^^) (4月19日 22時) (レス) id: 5ba2df906e (このIDを非表示/違反報告)
しゅうく(プロフ) - 瑠李さん» うー、がんぱります…! (4月19日 13時) (レス) id: 547af1fa67 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:しゅうく | 作成日時:2020年3月17日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。