占いツクール
検索窓
今日:188 hit、昨日:143 hit、合計:352,664 hit

六十三粒 ページ23

.





とうとう来てしまった。







でもさっきの「う○こうめぇよ」のセリフのおかげかちょっとだけ余裕を持って入れた私。







ぱっと顔をあげて推しくんの居るであろう方向を見た。









「こんにちは…!ころんk……え…?」








「はーい、こんにちh……は…?」









本当ならここで挨拶を終えて握手をするところだと思う。
お互いそのつもりで手を出しているのだから。







でもその手は繋がれることなく、中途半端な位置で止まったままだった。








なんで、え、だって…









そこにはこの間挨拶をしたお兄さんが居た。




あの、青木さんの息子さんかなぁとか言ってた人。









え…だってそっくりとか……はい…?








パニックになりつつもこれではダメだということはハッキリとわかっている私。


違う…まって落ち着いて…








もしかしたら相手は気づいてないかもしれないし。






いや、流石にそれはもうないか。
推しに「は…?」って言われてしまったらもう認めるしかない。








でもやっぱりここで固まっているのはおかしい。
係のお姉さんもビックリしているし。








だから出来るだけ自然に、当たり障りのないことを言う。









「は、初めまして…!
ころんくんのこと大好きで…その、これからも応援しています!」









多分、これでいいんだと思う。きっと。









ありがとう、きっと推しくんもそう言ってくれた。








たぶん、きっと、そう。









私は当たり障りのないことをしたつもりだった。
でも本当にテンパっていたようで。
ブースを出たあとで気づいたんだ。









あ…どうしよう…テンパりすぎて握手してない…








.

テンパる王子様と六十四粒→←六十二粒



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (279 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1088人がお気に入り
設定キーワード:すとぷり , なーくん , ころんくん
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

しゅうく(プロフ) - ゆにぃさん» ありがとうございます(´;ω;`)やっと幸せにまとまりました…! (3月17日 23時) (レス) id: 547af1fa67 (このIDを非表示/違反報告)
ゆにぃ - え、泣きました() (3月17日 20時) (レス) id: 68d7e1f8f1 (このIDを非表示/違反報告)
しゅうく(プロフ) - ハルカさん» わー!ごめんなさい…こんなシリアスシーンに…ご指摘ありがとうございます! (3月14日 20時) (レス) id: 547af1fa67 (このIDを非表示/違反報告)
ハルカ(プロフ) - すみません私も誤字してしまいました (3月14日 20時) (レス) id: 796bfd041b (このIDを非表示/違反報告)
ハルカ(プロフ) - 誤字です痛いところを疲れた思った となってます さっきなんて、なんで となってます (3月14日 20時) (レス) id: 796bfd041b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:しゅうく | 作成日時:2020年2月19日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。